足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」

ご無沙汰しております。少し前の話になりますが、国立新美術館のルノワール展に行ってきました。こちらは目玉の大作「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」。ようやく出会えました。ただただ幸福な、ルノワールらしい一枚。モデルは親しい友人たちだそうで、にぎやかに談笑しながら描いたんでしょうか。展覧会のキャッチコピーは「色彩は『幸福』を祝うために」。この作品にぴったりだと思います。壁の色をオルセー美術館の展示...
0

ルノワール「猫を抱く女性」

ああ、猫ちゃん。少々ご機嫌斜めに見えなくもありませんが、はてさて。一方の女性は伏し目がちで控えめな印象。「もう、仕方ないにゃー」なんて猫のぼやきが聞こえてきそうです。Woman with a Cat(c.1875)Pierre-Auguste Renoirルノワール「猫を抱く女性」。この作品は、三菱一号館美術館で開催中の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」で展示されていました。同題の展覧会は2011年に国立新美術館でもやってましたが、その...
0

ルノワール「ブージヴァルのダンス」

引き続き、「光の賛歌 印象派展」より。展覧会の目玉ともいうべき作品、ルノワールの「ブージヴァルのダンス」です。前にもご紹介してますが、あらためて。Dance at Bougival(1883)Pierre-Augustê Renoir「都会のダンス」「田舎のダンス」と並ぶ、3部作のひとつ。セーヌ川沿いの行楽地ブージヴァルで、ダンスを踊る男女を描いた傑作です。女性のモデルはマリー=クレマンティーヌ=ヴァラドン。アート好きの方には、シュザンヌ・...
0

ルノワール「ジャンヌ・サマリーの肖像」(プーシキン展より)

やっと会えました。笑顔の似合う、愛しのあの子。2年越しの想いがようやく現実に。ルノワール「ジャンヌ・サマリーの肖像」です。Portrait of Jeanne Samary(1877)Pierre-Auguste Renoir2年前に開催することが決まっていながら、震災の影響で延期になってしまった「プーシキン美術館展」。「復活」が決まったのは去年の秋、それ以来ずっと心待ちにしていたのです。先に愛知県美で開催だなんてズルイ! みたいな(笑)作品数は66...
2

ルノワール「金髪の浴女」(クラーク・コレクションより)

実にふくよかというか豊満というか健康的で美しい女性像でして男性諸氏はこういう作品を前にするとやはりドキッとしてしまうのでございます。ピエール・オーギュスト=ルノワール「金髪の浴女」。この作品はポスターでも使われていて、街中で何度もドキッとしました(笑) Blonde Bather(1881) Pierre-Auguste Renoirモデルはアリーヌ・シャリゴといわれており、彼女は後にルノワールの妻となる女性です。好きな女性を描いたか...
2
該当の記事は見つかりませんでした。