fc2ブログ

足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

ヴァロットン「落日」

Sunset(1918)Felix Vallotton木の葉の背後に太陽私のこころは透明だ。木の葉の背後に太陽……風が吹く、風が……生温い木の葉の中で冷たい風が温み私の花を愛撫する、汗ばんだ私の前額を愛撫する、汗ばんだ私の手を愛撫する、私の瞳と私の目とを愛撫する。噴水のしぶきの中に噴水の光の中に太陽は入日する……私の頬には涙が流れる太陽で一ぱいな涙が。(アンドレ・スピール「太陽」)今日も明日もがんばろう。  ...
0

ヴァロットン「アンティミテ」

ナビ派のメンバーとして活動していたこともあってヴァロットンの作品は色彩感覚もすばらしいんですが、三菱一号館の「ヴァロットン展」では、彼のもうひとつの魅力に触れることができます。それは色彩の対極にある、モノクロームの世界です。Lie, Intimites(1897)Felix VallottonMoney, Intimites(1898)Felix Vallottonヴァロットンの版画シリーズ「アンティミテ」より、「嘘」と「お金」。かたまりのような黒と白で、大胆に描...
0

葛飾北斎「富嶽三十六景 御厩川岸より両国橋夕陽見」

暮れゆく空、逆光によって浮かび上がる群青色のシルエット。船上の人々は両国橋の向こうにそびえる富士に見惚れているのでしょうか。葛飾北斎の「富嶽三十六景」より、「御厩川岸より両国橋夕陽見」という作品です。Watching Sunset over Ryogoku Bridge from Onmayagashi,from the series Thirty-six Views of Mt. Fuji(c.1830)Katsushika Hokusaiよく見るとこの浮世絵、実によく練られた構図であることに気付きます。まず両国...
2
該当の記事は見つかりませんでした。