fc2ブログ

足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

伊藤若冲「松図」

門松のかわりに、松の絵を。伊藤若冲の「松図」という作品です。ファインバーグ・コレクション展でも来日していましたが、この前衛的な構図といったら!かっこよすぎて惚れ惚れしますなぁ。Pine Tree(1796)Ito Jakuchuさて、2013年も残すところあとわずか。思い返せば1年間、いろんなことがありました。仕事がいそがしかったのはいつものことですが、その合間でいろんなところに旅行に行って、土地の風物にふれたり美術館をまわ...
0

伊藤若冲「糸瓜群虫図」

今からおよそ300年前、京都に生まれた奇想の画家・伊藤若冲。彼の作品背景を読み解くべく11月10日に京都造形芸術大学内の芸術劇場春秋座にて「若冲シンポジウム」が開催されました。今回の京都旅行は、このシンポジウムがメインイベントだったのです。ということで、まずはこちらの作品を。細見美術館所蔵、伊藤若冲「糸瓜群虫図」です。黄色い花を咲かせ、長々とした実をつけたヘチマに、モンシロチョウやカマキリ、カタツムリ、...
0

海北友松「浜松図屏風」

海北友松。何と読むのか毎度迷いますが、「うみきた ともまつ」ではなく、「かいほう ゆうしょう」が正解。武士として生まれ、父の戦死をきっかけに禅門に入り、やがて狩野永徳に学んだとされています。ちなみに山本兼一の小説「花鳥の夢」でも永徳の弟子として登場しますが、こちらでは「ともまつ」となっていました。個人的にも「ともまつ」のほうがいいなぁ、なんて思ったり。   Hamamatsu Byobu(1605)Kaiho Yushoこの海北...
0

伊藤若冲「乗興舟」

動植綵絵の制作後、若冲は版画の制作にも取り組むようになります。若冲の奇想はここにも発揮されていて、たとえば白黒反転の木版絵巻「乗興舟」。かっこよすぎてしびれてしまいます。まさに異次元、アナザーワールド!Jokyoshu(1767)Ito Jakuchu1767年春、淀川を大阪までくだった川下りの体験をもとにつくられたもので、そのとき一緒だった梅荘顕常が詩を、若冲が風景を描いています。墨の黒い部分が地色となり、線や面を白であ...
2

伊藤若冲「紫陽花双鶏図」(プライスコレクション展より)

引き続きプライスコレクション展の作品なんですが、伊藤若冲といえばやっぱりこれ。鶏でしょう!Rooster and Hen with Hydrangeas(18th century)Ito Jakuchu伊藤若冲「紫陽花双鶏図」。かっこいい! と思わず声に出てしまいそうな、凛々しすぎる二羽の鶏が描かれています。まるで見栄を切る役者のようなお顔ですね。若冲は庭に数十羽もの鶏を放して朝から晩まで仔細に観察したそうで、見るだけで1年、そこから写生に2年を費やし...
2
該当の記事は見つかりませんでした。