fc2ブログ

足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

東山魁夷「郷愁」

「郷愁」という言葉は、どこか寂しさや哀しさを帯びています。「愁う」は「憂う」ですもんね。遠い故郷を思って涙したり、変わりゆく自然や町並を見て心をいためたり。大切な場所だからこそ、いつかは失われることが分かっているからこそ、なおさらそう思うのでしょう。Nostalgia(1948)Higashiyama Kaii東山魁夷「郷愁」。魁夷が好んだ青を基調とした、日本の原風景です。小川が流れ、寄り添うように土手道が続き、その先には山...
0

東山魁夷「白い朝」

朝、窓をあけると、庭一面の雪であった。きじばとが一羽、羽をふくらませて、じっと枝にとまっている。寒さに耐えて、春を待っているのだろうか。何かを祈り、沈思しているように感じられた。白の中のその孤独な姿が、私の心に通った。(東山魁夷)White Morning(1980)Higashiyama Kaii山種美術館の「東山魁夷と日本の四季」を見てきました。没後15年を記念した展覧会で、川合玉堂、結城素明、川崎小虎など魁夷が師事した日本画...
0

東山魁夷「秋翳」

夏が終わり、もうじき秋がやってきます。山並みは赤く染まり、青い時代はすぎていく。東山魁夷「秋翳」。紅葉は薄曇りの空をもほんのりと染上げます。青を得意とした画家による、静かに燃える世界です。Autumn Shade(1958)HIgashiyama Kaii今年もまた、宮本輝の「錦繍」を読みました。これまで何度も繰り返し、これからも何度も繰り返し読むのだと思います。「お前は優しい子やから、きっとしあわせになる」。そうであってほしい...
0

「埴輪 乙女頭部」と川端康成

ほのぼのとまどかに愛らしい。均整、優美の愛らしさでは、埴輪のなかでも出色である。この埴輪の首を見てゐて、私は日本の女の魂を呼吸する。日本の女の根源、本来を感じる。ありがたい。埴輪には丸い顔が多いが、この首ほどやはらかく丸い顔はめづらしいやうである。丸さは横顔へもつづく。頭のうしろも丸い。そして、首の細く長いのがいい。丸の均整と調和のまはりに温かいひろがりがある。しかし、目は切り抜かれて、奥に深い暗...
0

川端康成「古都」と東山魁夷「冬の花」「北山初雪」

ゴールデンウィークに浜松に行った際、静岡市美術館の「巨匠の眼 川端康成と東山魁夷」を見てまいりました。文豪・川端康成と昭和を代表する日本画家・東山魁夷の交流に焦点をあて、それぞれの所有する美術品を紹介していくというもの。まずは、2人の親交を象徴する一枚を。Winter Flower(1962)Higashiyama Kaii東山魁夷「冬の花」。川端が文化勲章を受賞した翌年(1962年)にお祝いとして魁夷が贈ったもので、このとき川端は睡...
2
該当の記事は見つかりませんでした。