fc2ブログ

足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

円山応挙「七難七福図」

激しい炎に焼け出され、逃げ惑う人々。描かれているのは地獄絵図ではなく、決して人ごとではない現世の恐怖。円山応挙「七難七福図」という巻物の一場面です。京都の相国寺承天閣美術館の「円山応挙展」。その目玉ともいえるのが、上にあげた重要文化財「七難七福図」です。「天災巻」「人災巻」「福寿巻」の3つの巻物で、全部あわせると全長35mにもおよびます。天災・人災の被害にあうのが百姓や町民なのに対して福寿の対象となっ...
0

俵屋宗達「蔦の細道図屏風」

琳派は粋で、かっこいい。俵屋宗達の「蔦の細道図屏風」を見て、つくづくそう思いました。現代の作品と言われても納得してしまいそうなデザイン性はこれはもう奇跡的としか言いようがありません。   Ivy-Bound Lane(17 Century)Tawaraya Sotatsu金箔の背景と、緑一色の野原。その境にはこれも緑の蔦の葉が散らされ、金地に溶けていきます。伊勢物語の「東下り」で主人公の一行が駿河国の宇津山を越える場面を描いたものですが...
0

世界一美しい絵、伊藤若冲「菊花流水図」

暑いので、涼しげな一枚を。伊藤若冲「菊花流水図」です。日本画コレクターのジョー・D・プライス氏が世界一美しい絵と評する作品。「菊花流水図」は、全30幅の「動植綵絵」なかの一枚。京都・相国寺に寄進された作品です。以下、プライス氏のお言葉。あまりにも鮮やかな色と美しい構図に圧倒され、喜びのあまり体が震えました。そして嗚咽をこらえることができませんでした。それにつけてもこの構図。左下の垂れ下がった(落ちた...
1
該当の記事は見つかりませんでした。