足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

川端康成「掌の小説」

ここ最近、1日に30分くらいずつ、声に出して本を読むようにしています、黙読のときも朗読みたいに頭のなかで読み上げるクセがあるんだけど実際に声に出してみると、そこで気づかされることもいろいろあって。読書って奥が深いなぁとあらためて思ってます。で、今日読み終えたのがこちら。川端康成の「掌の小説」。再読です。計111編、それぞれ5ページにも満たないような、それだけに無駄を削ぎ落して研ぎすまされた珠玉の短編集。...
0

ルノワール「読書するカミーユ・モネ」

今回は、読書のお話。まずは読書関連の作品紹介から。ルノワール「読書するカミーユ・モネ」です。カミーユは、印象派を代表する画家、クロード・モネの奥さん。後ろの壁には、彼らが傾倒していた日本文化を思わせる団扇が飾られています。それにしても……狭い部屋で生活している自分にとって、こんな風にソファに体を預けて足を伸ばして読書だなんて……うらやましいことこの上ない。あこがれです。ホントに。Camille Monet reading...
0
該当の記事は見つかりませんでした。