fc2ブログ

足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

ユトリロ「青い花瓶の花束」

日本橋高島屋のユトリロ展、風景画にまじってこんな静物画も展示されていました。「青い花瓶の花束」という作品です。Bouquet de fleurs dans un vase bleu(1936)Maurice Utrilloユトリロは1920年、37歳ごろから花の静物画を描くようになります。後にユトリロの妻となるリュシー・ヴァロール夫人に贈ったのがその最初で、1935年、夫に先立たれたリュシーと結婚してからはたびたび花の絵を描いてはリュシーに捧げたのだとか。「青...
0

ユトリロ「モンマルトルのキャバレー、ラパン・アジル」

Cabaret du Lapin Agile à Montmartre(1916-18)Maurice Utrillo今日は日本橋高島屋の「ユトリロ展」に行ってきました。こちらはチラシのメインビジュアルにも使われている「モンマルトルのキャバレー、ラパン・アジル」という作品です。制作年は1916年から18年のあいだ。いわゆる「白の時代」から「色彩の時代」へと移行する期間にあたり、漆喰で塗固めた白い壁と褐色の世界に赤や緑の鮮やかな色彩が見て取れます。酒におぼれ、...
0

中村大三郎「ピアノ」

先日の土曜、日本橋高島屋で「美の競演 京都画壇と神坂雪佳」を見てきました。同じ展覧会を横浜でも見てるんですが、そのときと微妙に展示内容が変わっておりまして。目当ては日本橋でのみ公開のこの作品。中村大三郎の屏風絵「ピアノ」です。Piano(1926)Nakamura Daizaburou屏風の4分の3をグランドピアノが占めており、けれど重たい印象はまったくなくてピアノの旋律が軽やかに響き渡ってきそう。女性は当時流行したという耳隠...
0

神坂雪佳「四季草花図屏風」

5月29日より、日本橋高島屋にて「美の競演 京都画壇と神坂雪佳」という展覧会が始まります。これ、ちょっと前まで横浜の高島屋でやっていてすっごくよかったんですよね。神坂雪佳の作品をまとめて見る機会もこれまでなくてあらためて、琳派を受け継ぐ画家だったのだなぁと認識。日本橋の展示もぜひ見に行きたいと思っております。ということで、まずはこちらの作品を。Flowers and Grasses of the Four SeasonsKamisaka Sekka神坂...
0

山元春挙、竹内栖鳳、都路華香「世界三景 雪月花」

世田谷美術館の「暮らしと美術と高島屋展」。当初はさほど気にも留めていなかったんですが、この作品が出ていると知ってあわてて行ってきました。 「世界三景 雪月花」。1910年の日英博覧会に出品された巨大なビロード友禅で、山元春挙、竹内栖鳳、都路華香の3名による下絵がもとになっています。それぞれアメリカ、イタリア、日本の風景が描かれており、今回の展覧会では、この下絵が出品されていたわけです。それでは順に見て行...
2
該当の記事は見つかりませんでした。