足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

ハンマースホイ「ライアの風景」

19世紀末デンマークの画家、ヴィルヘルム・ハンマースホイ。彼が多く描いたのは物憂い女性の背中なわけですが、実はこんな作品ものこしています。View of Lejre(1905)Vilhelm Hammershøiハンマースホイ「ライアの風景」。なだらかな丘の向こうに樹木がのぞき、そのうえに爽やかな青空が広がっています。雲はリズミカルに連なり、思わず口笛でも吹きたくなるような。2008年に国立西洋美術館で開かれたハンマースホイ展の図録を見...
0

ハンマースホイ「背を向けた若い女性のいる室内」

3年前、国立西洋美術館で開催された「ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情」。見に行かなかったのをいまだに後悔しており、ずっと図録を探してたんですが……先日の東京アートフェアで、ようやく手に入れました♪ということで今回は、ハンマースホイの「背を向けた若い女性のいる室内」を。Interior, Young Woman Seen from Behind(c.1904)Vilhelm Hammershøiもの言わぬ静かなたたずまい。愁いを帯びた背中、美しいうな...
0

ハンマースホイ「ピアノを弾く妻イーダのいる室内」

モノトーンを基調とした、静謐な空間。開け放たれた扉の向こうには、ピアノを弾く女性の後ろ姿。ヴィルヘルム・ハンマースホイ「ピアノを弾く妻イーダのいる室内」。国内のハンマースホイ作品は、国立西洋美術館所蔵のこの1枚のみなのだとか。嗚呼、この後ろ姿……。Interior with Ida Playing the Piano(1910)Vilhelm Hammershøi数年前に開かれた、国立西洋美術館のハンマースホイ展ですが、当時は「ハンマースホイ? なんじ...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。