足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

ロップス「踊る死神」

寝苦しい夏、昨日に引き続き怖い絵を。ベルギー出身の画家、フェリシアン・ロップスの「踊る死神」は思わず背筋がぞっとする1枚です。Death at the Ball(1870)Félicien Rops民族衣装風のドレスを身にまとい、優雅に踊る女性。・・・女性?生気のない土色の肌、深く窪んだ眼窩、そう、彼女の顔は髑髏であり、彼女は死神なのです。よく見れば首の裏側には赤い大きなリボンがぶら下がっており、視線の先には男性らしき影も見...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。