足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

フクロウ

本日11月23日は、ベルギー出身の画家レオン・スピリアールトの命日。オディロン・ルドンに強く影響を受けたスピリアールトは深い黒と青を基調とした作品を発表していきます。見る者に不安を抱かせる数々の自画像や幻想的な「めまい」が有名ですが、なかにはこんな可愛らしい作品も。The Owl(1919)Léon Spilliaert※画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。1919年発表の「フクロウ」。スピリアールトは散歩中にフク...
0

スピリアールト「めまい」

先日、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムのグッズ売り場で偶然見つけたレオン・スピリアールトの画集。輸入ものの洋書でしたが、迷わず買ってしまいました。あとでオランダ語であることに気づいて愕然としましたが、文章は置いておいて、作品をしみじみ眺められるだけで幸せです。Vertige(1908)Léon Spilliaertということで、今回ご紹介するのはレオン・スピリアールトの代表作「めまい」。砂漠にあらわれた螺旋状の階段の...
0

スピリアールト「自画像」

美術館で出会った、今まで聞いた事もなかった画家の作品。あとで家に帰って調べたら、自分の好きな画家と意外なところでつながっていたりして。そんな偶然の出会いと発見こそ、美術館巡りの醍醐味です。今回「アントワープ王立美術館コレクション展」でも、そんな作品に巡り会うことができました。Self-Portrait(1908)Léon Spilliaertレオン・スピリアールトの「自画像」。ベルギー象徴主義に数えられるものの、実際には独...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。