足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

鏑木清方「朝夕安居」

前回、葛飾応為の美人画の話をしましたがこうした浮世絵師の流れを汲み、明治〜昭和にかけて美人画の名手として活躍したのが鏑木清方です。彼が理想とした「江戸の風情」をテーマとした展覧会が千葉市美術館で開かれています。こちらは晩年の代表作「朝夕安居」(一部)。「そこにとりあげたのは明治二十年頃の世の姿で、 場所は東京の下町、海に近い京橋区築地あたりの朝に始まって 八丁堀界隈の夜までの風物詩なのである」とのこ...
0

鏑木清方「紫陽花咲く頃」

いよいよ関東も梅雨入りとのこと。梅雨といえば紫陽花、紫陽花といえば鎌倉、鎌倉といえば……鏑木清方です。The Time When Hydrangeas Bloom(1921)Kaburaki Kiyokata鏑木清方「紫陽花咲く頃」。雨にうたれたものか、しっとり濡れたような黒髪と大きくあいた首まわり、わずかにのぞく赤い襦袢がなまめかしくいったいどんなシチュエーションなのかと妄想してしまいます。紫陽花は背景ににじんで消えそうで、今もまだ雨が降り続いて...
0

鏑木清方「秋宵」(夏目漱石の美術世界展より)

明治時代の女学生は課業として毎日ヴァイオリンを弾いていたそうで、小説「三四郎」のヒロイン美穪子も例に洩れず作中では彼女が紡ぐ音色に対して「妙に西洋の臭いがする。それからカソリックの連想がある」とあります。これにちなんで、東京藝術大学大学美術館の「夏目漱石の美術世界展」では鏑木清方の「秋宵」という作品が展示されていました。Autumn Evening(1903)Kaburaki Kiyokataモデルは清方の奥さんとされています。袴...
0

鏑木清方「桜もみぢ」

季節外れではございますが、鏑木清方の「桜もみぢ」という作品を。Red Leaves(1932)Kaburaki Kiyokata季節の移ろいや自然のありように対してしみじみと心から湧き出ずる「あはれ」という感情。ことに秋の紅葉はあでやかに美しくも色づいた葉が風に舞うさまはどこか寂しいものです。サントリー美術館の「もののあはれと日本の美」では源氏物語や古今和歌集などにちなんだ古くは平安から昭和にかけての作品が展示されておりなかに...
0

鏑木清方「嫁ぐ人」

在天願作比翼鳥、在地願爲連理枝天長地久有時盡、此喜綿綿無盡期昨日、姉の結婚式に行ってきました。明るくて社交的で、少しがさつでぼくとは正反対の姉です。純白のウェディングドレスなのに清楚という言葉を感じさせないのがさすがだな、と(笑)こんなときでもマイペースで笑ってしまいましたがおかげで披露宴も二次会も大盛り上がりで安心いたしました。そして人見知りが激しい自分ですがこういうときくらいは頑張らなくてはい...
4

鏑木清方「一葉女史の墓」

糸のような月がかかる夕暮れ時、うら若き乙女が墓にもたれてこちらに視線を投げ掛けています。彼女の名前は美登利といい、遊女になるべく育てられた14歳の少女。鏑木清方の初期の傑作、「一葉女史の墓」。一葉と美登利といえば……「たけくらべ」ですね。 A Tomb of Lady Writer Ichiyo(1902) Kaburaki Kiyokata清方は樋口一葉の作品を愛読しており、「たけくらべ」や「にごりえ」に材をとった作品を多く残しています。この「一...
2

鏑木清方「妖魚」

伊東深水、山川秀峰と続いたので今回は2人の師である鏑木清方を。といっても、美人画は過去に何度も紹介しているので清方作品のなかでも異色といわれる一点を。1920年に発表した「妖魚」です。 A Bewitching Mermaid(1920) Kaburaki Kiyokata海上の岩場に身を横たえる女性。濡れてみだれた黒髪を這わせ、あやしい微笑みを正面に投げかけています。下半身は金の鱗に覆われ、長く伸びたその先は2つに割れて……妖魚、つまり彼女は...
0

鏑木清方「秋の夜」

最近覚えたきれいな言葉。「秋波」と書いて「しゅうは」と読みます。美人の涼しい目元や、媚びを含んだ目つき、流し目のことなんですって。乙川優三郎の「後瀬の花」っていう短編小説に出てきたんですが、そこでも色っぽい視線といった意味合いで使われていました。現代では最初の「美人の〜」の部分が抜け落ちて、あまりよくない意味合いで使われることが多いみたいですが……。政治の駆け引きとかね。こういうきれいな言葉はきれい...
0

鏑木清方「遊女」(上村松園と鏑木清方展より)

このしどけない雰囲気。遠くを見やる切れ長の瞳には、何がうつっているんでしょう。惚れた男との秘め事を思い出しているのか、とらわれの身を嘆いて、娑婆に出る日を夢見ているのか。鏑木清方「遊女」。艶やかだけど、なんだか寂しい気持ちになる一枚です。 A Prostitute(1918) Kaburaki Kiyokata西の松園、東の清方といいますが、男性の自分が清方のほうに惹かれるのは、やっぱりそこにエロティシズムが見え隠れするからなの...
0

鏑木清方「朝涼」(上村松園と鏑木清方より)

ちょっと遠出して、神奈川県平塚まで。平塚市美術館の「上村松園と鏑木清方」を見てまいりました。西の松園、東の清方と称され、美人画の双璧をなす2人の展覧会は実に10年ぶりなのだとか。東西の名人が描いた美人画をこれでもかというくらい満喫してまいりました♪ Cool Morning(1925) Kaburaki Kiyokataこちらは鏑木清方「朝涼(あさすず)」。朝方、蓮池のほとりを歩く少女が描かれています。この作品はスケッチ2点と合わせて...
0

鏑木清方「朗羅」

東の清方、西の松園。どちらも日本画壇を代表する美人画の名手ですが、個人的には鏑木清方の方が好き。上村松園の場合は女性が描く理想の美人画なだけあって、隙がない気がするのです。一方鏑木清方の場合は、あざといくらいに、隙を感じる。でも男ってやつは、そういう女性に惹かれてしまうんですよ。……ですよね?Roller Canary(1933)Kiyokata Kaburaki※クリックすると拡大してご覧いただけます。こちらは鏑木清方の「朗羅」。...
2
このカテゴリーに該当する記事はありません。