足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐伯祐三「人形」「ロシアの少女」

0   0


前回に引き続き、佐伯祐三について。
展覧会では陰鬱で重い印象の作品が多かったのですが、
例外的に明るくて愛らしい作品もありました。
たとえばこちら。「人形」という作品です。


佐伯祐三「人形」
Doll(c.1925)
Saeki Yuzo




佐伯はこの人形に一目惚れしてしまったのか、
1000フランで購入してしまい、
その結果、実家や友人から借金をするはめになったのだとか。
それくらい愛らしい人形だったのでしょう。
このほか、「ロシアの少女」という作品でも
黄色を背景に赤、青、白の民族衣装を着た
可愛らしいロシアの少女を描いています。


佐伯祐三「ロシアの少女」
Russian Girl(1928)
Saeki Yuzo





活動の場を日本からフランスへ移すにあたり、
佐伯は妻の米子と娘の彌智子を伴っています。
米子は川合玉堂に絵を習っていたこともあるくらいで
佐伯からも西洋画の手ほどきを受けていたそうです。
彌智子も画家仲間から可愛がられていたそうで、
こうした家族の存在が、佐伯の支えになっていたのでしょう。
自分が描く絵に疑問を抱き、苦悩し続けた佐伯ですが
「人形」や「ロシアの少女」といった作品においては、
愛する我が子を思ってリラックスできたのかな、と。


しかし、「ロシアの少女」を描いたころから佐伯の病気は悪化の一途をたどり、
ついに1928年8月16日、亡き人となります。
その2週間後には、佐伯と同じ結核で彌智子が病没。
残された米子は2人の遺骨をもって日本に戻り、
その後なぜか機械に魅せられ、各地の工場を訪れてはスケッチを繰り返し、
機械をテーマとした油彩を手がけていったのだそうです。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1011-1985c9a6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。