足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

加山又造「冬」

0   0


また忙しくなってまいりまして、
徹夜だったり終電間際だったり。
しばらく我慢の日々になりそうです。


加山又造「冬」
Winter(1957)
Kayama Matazo





加山又造の「冬」という作品。
季節外れもいいところですが
なんとなくそんな気分でありまして。
その背中はあまりに厳しくて、寂しいな。
孤高といえば聞こえはいいけど
白い雪へのあこがれは隠しようもない。



きらびやかでもないけれど
この一本の手綱をはなさず
この陰暗の地域を過ぎる!
その志明らかなれば
冬の夜を我は嘆かず
人々の憔懆のみの愁しみや
憧れに引廻される女等の鼻唄を
わが瑣細なる罰と感じ
そが、わが皮膚を刺すにまかす。

蹌踉めくままに静もりを保ち、
聊かは儀文めいた心地をもつて
われはわが怠惰を諫める
寒月の下を往きながら。

陽気で、坦々として、而も己を売らないことをと、
わが魂の願ふことであつた!

(中原中也「寒い夜の自画像」)






今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1012-e060abc5
該当の記事は見つかりませんでした。