足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーダン「トルーヴィルの海岸」

0   0


海の画家といえば、連想するのはウジェーヌ・ブーダン。
戸外制作の重要性をモネに伝えた画家として知られており、
船長だった父親とともに少年時代から船に乗っていたせいか
作品の多くにフランスの海が描かれています。


ブーダン「トルーヴィルの海岸」
The Beach at Trouville(1867)
Eugene Boudin




こちらはウジェーヌ・ブーダン「トルーヴィルの海岸」。
夏の保養地として人気が高かったノルマンディー地方のトルーヴィルで、
ヴァカンスを楽しむ裕福な人々が描かれています。
本作はオルセー美術館の収蔵品ですが、
同様にトルーヴィルの海岸でくつろぐ人々を描いた
「トルーヴィル近郊の浜」という作品が、
現在ブリヂストン美術館で展示されています。




さて。
海なしの埼玉県で生まれて、あまり海とは縁のない人生を送ってきましたが
ロードバイクを初めてから、海が少し身近な存在になりました。
毎週末、早起きして荒川沿いを南下し、葛西臨海公園へ通ってまして。
午前中は日陰が多いのでさほど汗をかくこともなく、吹く風が心地よいのです。
川沿いも気持ちいいし、海沿いの赤い舗装路も気分爽快。
公園内の海岸で疲れた体を横たえて、潮のかおりに包まれるひととき。
往復で約45キロ、公園内でブラブラする時間も入れて、3時間ほど。
なかなかいい気分転換になります。
そして何より、家に帰ってから飲むビールがうまいんだなー。
昼から飲んじゃってますけど(笑)
そんでシャワー浴びてうたた寝して、本を読んで過ごすという
健康なんだか不健康なんだか分からない休日を過ごしております。

葛西臨海公園





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1018-23ad443f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。