足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーリス・ドニ「純潔の春」

0   0


以前にもご紹介しましたが、モーリス・ドニの「純潔の春」。
画集に載っているのを見て一目惚れしてしまった作品ですが、
もともと個人蔵だったものが、なんと三菱一号館美術館の所蔵になっていました。
ヴァロットン展を見に行って、途中でこの作品と巡り会ったときの歓びといったら……。
柔らかな色調、幸福にみちあふれた女性たちの表情。
国内のドニ作品のなかでも、出色の作品だと思います。


モーリス・ドニ「純潔の春」
Virginal Spring(1899)
Maurice Denis




ヴァロットン展自体も素晴らしかったので
追って感想をアップしたいと思いますが、
やはりドニの作品に会えた歓びが大きくて。
ちなみに今回が初公開とのことで、タイトルは「純潔な春」と訳されていました。
美術館の小部屋にはほかにドニの「アムール」の連作から3点が展示。
こちらもぼくが大好きな作品です。
会期中、ドニ目当てで何度か通うことになりそうです。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1028-8504aed2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。