足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミレー「晩鐘」

0   0


名画のなかの名画。
たとえ美術にうとかったとしても、
この絵を知らない人はいないんじゃないでしょうか。


ミレー「晩鐘」
L'Angelus(1857-59)
Jean-Francois Millet




ジャン=フランソワ・ミレー「晩鐘」。
画家が描いたのは、バルビゾン村の静謐な祈りです。
原題は「アンジェラスの鐘」といい、
遠景に見えるシャイイ教会では日に三度、
アンジェラスの鐘を響かせていました。
聖母マリア様、罪あるわたしたちのため、
いまも、臨終のときもお守りください——。
パンのかわりにジャガイモを食べるしかない貧しき人々は、
鐘がなるたびに作業を中断して祈りを捧げていたそうです。
そのなかには、ミレーの祖母もいたとのこと。


貧しき近景、富める遠景とはいうものの、
本作から感じるのは、純粋で敬虔な祈りです。
ミレーの意図がどうあったにせよ。
うつむいて祈りを捧げる彼らは、
一日の労働が終わったあとにもかかわらず
背中をまっすぐに伸ばし力強く大地を踏みしめています。
それが信仰というものの姿勢なのかもしれません。


本作も、国立新美術館の「オルセー美術館」で来日中。
これだけの名画にもかかわらず、
他の作品群があまりにすごいので存在がかすんでしまうという
贅沢すぎる状況に陥っています。
平日は18時までですが、金曜は20時まで開館しているので
夕暮れ時に合わせて「晩鐘」を見るのもいいかもしれません。





最後におまけ、真島昌利の名曲「空席」です。
歌詞に「ミレー風の陽が落ちていく」と。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1042-e9604157
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。