足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林一茶「詠草」

0   0


早稲田で素敵な美術館を見つけました。
センチュリーミュージアムという名前で、
奈良時代から江戸時代の文字文化に焦点を当てた蒐集を行っているとのこと。
現在「書と絵画の競演 〜歌仙絵・画賛・絵巻〜」という展示をやってます。


小林一茶「詠草」



こちら、小林一茶の「詠草」。
懐紙にばばっとしたためたものだそうで、
右に「花鳥」「一茶」と並べて、
「鶯やこの声にしてこの山家」と俳句が書かれています。
「花鳥」の文字は花と鳥の絵文字のようで、なんとも可愛らしいんですよねぇ。


「書と絵画」というと何だか難しい展示のようで身構えてしまいますが、
実際にはこんなゆる〜い作品も並んでいるわけで
見に行ってよかったなぁと。
おなじみ白隠さんの書画もありましたし、
光悦の流麗な書も堪能いたしました。


展示数は少なかったものの、
入館時に手渡される解説が非常に丁寧なつくりで
和歌の一つひとつ、賛の一つひとつまで詳細に書かれていて
じっくり見比べていたらいくらでも時間がたってしまいそうでした。
おまけに、自分以外にお客さんがいないというありがたさ!
良質の書と絵画を占有しているような心地でありました。
会期は9月27日まで。
あまり知られていないようですが、強くオススメしちゃいます。


藤原定信「一字宝塔法華経断簡(戸隠切)」
藤原定信「一字宝塔法華経断簡(戸隠切)」。大変に美しゅうございました。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1048-98a8959f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。