足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曾我蕭白「石橋図」

0   0


幅30cm、長さは約30m。
元祖・カイジの鉄骨渡りです。
ざわざわ…


曾我蕭白「石橋図」
Lions at Stone Bridge(1779)
Soga Shohaku




曾我蕭白「石橋図」。
謡曲の「石橋」にちなんだもので、
画面上部の細くて長い橋をわたると文殊菩薩のいる清涼山に行けるということで
獅子たちが殺到しているのです。
獅子は我が子を千尋の谷に落す、というのもここから来ているみたいで、
それにしたって子獅子が多すぎるんじゃないかと(笑)
せり出した岩場から下をのぞいているのが親獅子でしょうか。
視線の先には、努力の甲斐なく落ちて行く子獅子の姿。
ダイナミックな空間構成も驚異的ですが、
行列をなして勇猛果敢に挑みながらも次々に落ちて行くさまは
どこかユーモラスで、そこに人間の営みが投影されているような気もします。


くらべて自分はどうかといえば、
……がんばらなくてはいけませんね。


ざわざわ…


石橋図2
岩壁にしがみつく子獅子の愛らしさよ。ざわざわ。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1052-11916ffb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。