足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソールベリ「北の花咲く野原」

0   0


私たちはよいの明星と
初霧を待とう。
神さまのしろしめす広い庭で
私たちは喜んで咲き、しぼもう。

(ヘルマン・ヘッセ「回想」より)


ソールベリ「北の花咲く野原」
Flower Meadow in the North(1905)
Harald Sohlberg





こちらはハロルド・ソールベリの「北の花咲く野原」という作品です。
画面の下半分に広がるのは、真っ白に咲き乱れるヒナギク。
地平に浮かぶのは満月……ではなく太陽でしょうか。
澄んだ川や赤い家屋をこえて、
その光は花々を、あたかも絨毯のように浮かび上がらせています。
“黄昏の画家”という呼び名にふさわしい、幻想的な夕べの風景です。


ソールベリは、ムンクと同時期に活躍したノルウェーの画家。
今しも沈もうかと思われる太陽ですが
舞台は白夜の国ゆえ、太陽はこの高さで一晩中、
白い花を照らし続けるのかもしれません。
そうであればいいなぁ、と思います。





Well, the summer's gone
And I hope she's feelin' the same







今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1054-51821000
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。