足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッドワード「涼しい隠れ家」

0   0


台風の影響で土日はあいにくの雨模様でした。
そんなときは家でゴロゴロするに限るぞと。
のび太君ばりに一生懸命のんびりいたしました。


ゴッドワード「涼しい隠れ家」
Cool Retreat(1910)
John William Godward




ジョン・ウィリアム・ゴッドワード「涼しい隠れ家」。
「甘美な無為」に良く似た雰囲気の作品で、
大理石の肌合い、衣服の質感は本作でも際立っています。
見てるだけで涼しい気持ちになってしまいますね。


当時のイギリスは産業革命による激変のまっただなか。
あわただしい都市生活にあって、何もしない一時というのは
何物にも代え難い幸せであったようです。
古代ローマに思いを馳せて、優雅な閑暇にしばし憩う。
現代人にもそんな一時が大切だと思います。
現実逃避したっていいじゃない、人間だもの……。


ゴッドワードは英国のラファエル前派〜ヴィクトリア朝新古典主義の時代に活躍した画家。
今にしてみれば彼の作風はただただ美しく新鮮に映りますが、
こうした作風はフランスのアカデミズム同様に前時代的と受け取られていたようで
彼は「世界はそれほど大きくない」という言葉をのこして自ら命を絶ちます。
せめて魂の行き着くさきは、Cool Retreat であれと願ったかどうか。
もっと再評価がすすんで、国内で作品を紹介してほしいと願う画家のひとりです。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1055-4ccac289
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。