足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛飾応為「三曲合奏図」

0   0


美人画にかけては応為にはかなわない。
彼女は妙々と描き、よく画法に適っている。
——稀代の浮世絵師・葛飾北斎をしてこのように言わしめた
葛飾応為の作品が、ボストンから上野へ里帰りしております。


葛飾応為「三曲合奏図」
Three Women Playing Musical Instruments(1844-48)
Katsushika Oi




葛飾応為「三曲合奏図」。
琴を弾く女性は後ろ向きで蝶をあしらった豪奢な着物。
その左手で胡弓を弾く女性は、正面向きでやや控えめな着物。
そして右側の三味線の女性は、横向きで地味目の服装。
三者三様に描き分ける構図の面白さもさることながら、
やはり見どころは彼女達の指でしょうか。
艶やかな音色とともに、緊張感や高揚や、彼女達の想いまで聞こえてきそう。


目は口ほどに物を言うということわざもありますが、
指先もまた、非常に雄弁であり感情豊かであると思っています。
指先の名手といえば個人的には上村松園を連想しますが、
葛飾応為のこの作品も実にすばらしい!
このへんの繊細な表現は、やはり女性の方が長けているのかもしれません。


葛飾応為は北斎の三女。
一度は嫁ぐものの離縁され、その後晩年の北斎とともに暮らし、
北斎の手伝い、というか代筆まで行っていたそうです。
その腕前は、冒頭の北斎の言葉のとおり。
上野の森美術館の「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」では、
唯一北斎以外で展示されていた作品が応為の「三曲合奏図」でした。
ちなみにぼくが一番時間をかけて鑑賞したのも実はこの作品。
混雑にくじけず、がんばって並んだ甲斐がありました(笑)


そういえば、葛飾応為(お栄)といえば
杉浦日向子の漫画「百日紅」の主人公。
北斎や応為、渓斎英泉などの浮世絵師を軸に
江戸の風物を描いた傑作ですが、
なんでもアニメーション映画化とのことで。
う〜ん、どうなるんでしょう。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1068-075577ba
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。