足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

菱田春草「黒猫」

2   0


狩野派の末裔である橋本雅邦に学び、
岡倉天心のもと横山大観らとともに「朦朧体」という新たな空気表現に挑み
近代日本画の革新を成し遂げた重要人物、菱田春草。
彼の生誕140年を記念する「菱田春草展」が、
東京国立近代美術館で開かれています。


菱田春草「黒猫」
Black Cat(1910)
Hishida Shunso




菱田春草と言えば、朦朧体を経てたどり着いた装飾的な「落葉」の連作や
後世の画家にも大きな影響を与えた猫の連作。
上にあげた作品は1910年の「黒猫」(播磨屋本店所蔵)という作品で、
柿の木のしたでいたずらそうな表情を見せる黒猫が描かれています。
こちらの存在を気にしているのか、少し背中をまるめて緊張したそぶりです。
同じ年に春草は「黒き猫」(重要文化財・永青文庫)、「柿に猫」(個人蔵)、
そして「黒き猫」(霊友会 妙一コレクション)など猫を主題とした作品を描いており、
東近美の菱田春草展ではこれらが勢揃いします。
(永青文庫の「黒き猫」は後期展示なので要注意)
日本画というと少し堅苦しくて難しそうだと感じる方も多いかもしれませんが、
春草の黒猫ちゃんは日本画入門にぴったりかもしれません。


このほか、展覧会では重要文化財の「王昭君」「賢首菩薩」「落葉」や、
回顧展初公開の作品など100点あまりの作品が集まります。
東京美術学校時代の初期作品から、
36歳という若さで亡くなるまでの画業を振り返る一大回顧展。
会期は11月3日(月・祝)まで、10月15日からは後期展示に切り替わります。
永青文庫の黒猫を見に、ぼくも後期にもう一度足を運ぶ予定です。

菱田春草展チラシ2014



さて、東京国立近代美術館は職場の近くなので
勝手知ったる何とやら、定期券で気軽に行けるのですが、
今回は涼しくなってきたこともあってロードバイクで行ってみました。
片道40分くらいといったところでしょうか。
鑑賞後は皇居沿いを2周ほどのんびり走って、
なんだかとても充実した一日になりました。
この感じなら、都心の美術館は晴れてさえいればロードバイクで行けそうです。
とはいえ、普通の服装でリュックサック背負ってなので、
美術館に到着したときは背中の汗がすごいことになってましたが(笑)。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


菱田春草 (別冊太陽 日本のこころ 222)菱田春草 (別冊太陽 日本のこころ 222)
(2014/09/19)
鶴見香織

商品詳細を見る

関連記事

2 Comments

まろ says..."美術館巡りの秋"
久しぶりにお邪魔します。
ロードバイクで美術館めぐりは優雅ですねえ。
菱田春草展、私も昨日いって来ました。
これだけまとめて春草を観たことがないので
ホント、圧巻でした。
お得意の朦朧体に気分も朦朧としましたが(笑)
愛らしい猫にホッコリしました。
でも、やっぱり「落葉」は凄いですねえ。
日本画の一つの到達点のような気がします。
秋は美術館めぐりにピッタリの季節ですね。

2014.10.04 09:59 | URL | #Koy3t6Qg [edit]
スエスエ201 says..."Re: 美術館巡りの秋"
> まろさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
芸術の秋だけに、今後も気になる展覧会が目白押しで困っています(笑)
春草の「落葉」、せっかくなら作品で四方を囲むような部屋をつくってくれたらなぁ、なんて思ったりしました。
この作品の印象のせいか、自分のなかで春草は名前にもかかわらず秋の画家だったりします。
2014.10.05 02:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1070-b96ae0fe
該当の記事は見つかりませんでした。