足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木其一「芒野図屏風」

0   0


山種美術館の「輝ける金と銀」、
会期終了直前の滑り込みセーフで鑑賞してまいりました。


鈴木其一「芒野図屏風」
Eulalias(19th century)
Suzuki Kiitsu




こちらは鈴木其一「芒野図屏風」。
金よりも銀を好んだ其一らしく、
銀地の屏風には群生する芒が描かれ、
そのうえに秋の夜霧が流れるようにかかっています。
画像では伝わりにくいのですが、
銀地だけに角度によって見え方が変わり、
霧にぬれた芒が月光をうけて静かに輝いているような——
とても幻想的な作品でした。
「秋の夜の 霧立ちわたり おほほしく 夢にぞ見つる 妹が姿を」
こんな気持ちで眺めておりました。


展覧会では「金」「銀」にちなんだ作品をまとめており、
川端龍子の「草の実」や速水御舟「名樹散椿」、
酒井抱一「秋草鶉図」あたりが見どころでしょうか。
川端龍子の弟子にあたる、牧進の「春颯」も素晴らしかったです。
いずれもきらびやかではあるけど仰々しくはなく、
金や銀の表情をたくみに引き出していて、
日本画の真髄を見る思いでした。


残念ながらこの展覧会は本日までで、
来週からは「東山魁夷と日本の四季」が始まります。
こちらも必見でありますよ♪



今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1079-d916775d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。