足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山辰雄「いだく」

2   0


来年夏、姉夫婦に子どもが生まれるそうです。
クリスマスイヴに一報もらっていたのですが、
今日病院に行って、正式におめでただと分かったとのこと。
ようやくうちの両親もおじいちゃんおばあちゃんになれるんだなぁと、
しみじみ思ってしまいました。


高山辰雄「いだく」
Embracing(1977)
Takayama Tatsuo




こちらは高山辰雄の「いだく」という作品。
赤子を抱く女性と、それを愛おしく見つめる女性が描かれています。
無垢なる光のような赤ん坊は、2つの影に大切に守られている。
牧谿の「観音猿鶴図」を思わせる、
安らぎと慈しみに満ちた一枚です。
あと8か月ほどで、姉もこんなふうに赤子を抱くんだろうと思うと
なんだか不思議な気持ちがしてくるんですよねぇ。
やんちゃで男勝りだった姉が、母親になるのか……。

牧谿「観音猿鶴図」1230




肝心の長男(自分)は結婚の意志がなく、
孫の顔を親に見せることができそうもないので……
そういう意味でも姉夫婦に感謝しつつ、
無事に健やかな赤ちゃんが生まれてくれることを祈るばかりです。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

-2 Comments

メルメル says..."けっこん"
こどもはまだいませんが。
結婚。なかなかいいものですよ。
2014.12.30 10:55 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: けっこん"
> メルメルさま

こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですね。結婚……まわりを見てうらやましくなることもしばしばです(笑)
2014.12.30 20:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1085-4a44895a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。