足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東山魁夷「郷愁」

0   0


「郷愁」という言葉は、
どこか寂しさや哀しさを帯びています。
「愁う」は「憂う」ですもんね。
遠い故郷を思って涙したり、
変わりゆく自然や町並を見て心をいためたり。
大切な場所だからこそ、
いつかは失われることが分かっているからこそ、
なおさらそう思うのでしょう。


東山魁夷「郷愁」
Nostalgia(1948)
Higashiyama Kaii




東山魁夷「郷愁」。
魁夷が好んだ青を基調とした、日本の原風景です。
小川が流れ、寄り添うように土手道が続き、その先には山々がそびえている。
ただそれだけの風景なのに、いろんな思いが去来します。
この絵はきっと鏡であって、見る人ごとにいろんな思いを抱くのだと思います。


この「郷愁」という作品は、
日本橋三越の「東山魁夷 わが愛しのコレクション」で展示されていました。
画家が描いた美しい風景の数々と、その審美眼で集められた美術品、
創作の源となる下絵やスケッチ、画材などで構成されており、
前にご紹介した「川端康成と東山魁夷」の、
東山魁夷のほうをクローズアップしたような内容。
よって山種美術館の魁夷展との住み分けもしっかりなされており、
ぜひセットで見ておきたい展覧会といえます。
会期は1月19日(月)まで。
それでは最後に、東山魁夷の言葉を。


私は人間的な感動が基底に無くて、
風景を美しいと見ることは有り得ないと信じている。
風景はいわば人間の祈りである。
心の鐘である。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1090-d678fa73
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。