足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

没後400年 古田織部展

0   0


またしても明日で終了の展覧会になりますが……。
松屋銀座の「没後400年 古田織部展」のことを。


古田織部展2015




古田織部は、桃山時代の武将茶人。
漫画「へうげもの」でもおなじみですね。
師の千利休とは対照的な、斬新な美の世界を茶の湯に取り込んだ人物です。
その作風は奔放で自由そのものですが、
心地よい調和と精神性があって……


と知ったようなことを書いておりますが、
実は織部焼ってあんまり好きじゃなかったんですよねー(笑)
奇抜すぎるというか、いまいちああいう器を使ってるところって想像できなくて。
なので茶道具の展覧会とかでも織部焼のコーナーはさらっと見る程度だったんですが、
今回の展覧会で古田織部の生きた時代や、彼の創意工夫が生まれた背景、
ゆかりの茶道具など見ていたら途端に興味がわいてきまして。
展覧会の構成がすばらしかったのか、自分の嗜好が変わったのかは分かりませんが
とにかく楽しいひとときでありました。
百貨店の展覧会なのに、茶室まで再現しちゃってたりなど気合いが入ってますし
ぼくの好きな志野焼が多めに出てたのもうれしかったな。


会期は明日(19日)まで。
最終日なので閉場時間が早くて、17時までなので要注意です。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1091-f0681086
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。