足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

尾形光琳「菊図屏風」

1   0


昨年10月、箱根にオープンした岡田美術館。
近世・近代の日本画、浮世絵を筆頭に東洋の名品を収蔵する美術館で
そのコレクションの中核を成すのが、琳派作品なんだそうです。
箱根に行く機会があったら立ち寄りたいと思いつつ、なかなか機会がなくて……。
そんな中、日本橋三越で「岡田美術館所蔵 琳派名品展」という嬉しい展覧会が!
いつものごとく会期終了ギリギリ前日で見てまいりました。


尾形光琳「菊図屏風」右隻



こちらは尾形光琳「菊図屏風」。
琳派ならではの金箔地に、胡粉で立体感を出した菊の大輪が咲き乱れています。
茎や葉は緑青と墨の2色で描き分けられ、
抑制された色数でリズム感や遠近感が見事にあらわされています。
菊の花の裏側まで描いていたり、雲霞も特徴的。
光琳屏風の真骨頂といったところでしょうか。


展覧会では琳派の祖である本阿弥光悦・俵屋宗達にはじまり、
琳派の大成者である尾形光琳・乾山の兄弟、
その系譜を江戸で花開かせた酒井抱一・鈴木其一、
そして神坂雪佳から加山又造まで、琳派に影響を受けた近代日本画といった形で
琳派400年の節目にふさわしい、総括的な内容でした。
作品の質は全体的に少し物足りないような気もしましたが、
都内で岡田コレクションを見られただけでも良しとしましょう。


個人的には工芸品に出色のものが多かったように感じて、
光琳の螺鈿のトンボなんてラリックもびっくりなインパクトで。
乾山の香合も素晴らしかったけど……中身を見せてほしかったなぁ。
写真で見たかぎり、表側より中のデザインのほうが良かったので(笑)
会期は2月2日(月)まで、最終日なので午後5時まで、要注意です。

光琳蒔絵「蜻蛉蒔絵螺鈿合子」
光琳蒔絵「蜻蛉蒔絵螺鈿合子」




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

1 Comments

こあら says...""
蒼井優とか好きそうですね。
2015.02.03 02:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1094-3194664d
該当の記事は見つかりませんでした。