足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

ファンタン=ラトゥール「皿の上の3つの桃」

0   0


三菱一号館美術館のワシントン・ナショナル・ギャラリー展で、
特に気になった作品がこちら。
アンリ・ファンタン=ラトゥール「皿の上の3つの桃」です。


ラトゥール「皿の上の3つの桃」
Three Peaches on a Plate(1868)
Henri Fantin-Latour




この作品、実は2011年の国立新美術館でも来日してて
そのときはさほど印象に残らなかったのですが……。
あらためて作品を見て、そのすごさに気付かされたわけです。
はちきれそうに熟した桃、つやめいた皿、そして木のテーブル。
きわめてシンプルな構図ながら、これらを丁寧に描き分けて
甘い香りが漂ってきそうなくらいです。
テーブルの木の質感なんて、もう偏執的といっていいくらい。


印象派の画家たちと親交厚く彼らの姿勢に共感していたものの、
彼の写実的な描写は印象派とは明らかに異なります。
それだけに、控えめな佇まいであるにもかかわらず
「印象派」の名を冠した展覧会では
彼の作品が強く記憶に残ってしまうんです。


ラトゥールといえば静物画、特にバラを描いたら右に出る者はいないほどで、
これまでも彼のバラを何度か紹介してきました。
で、ちょっと調べてみたところ桃を描いた作品も非常に多いんですね。
バラと比べるといかにも地味で控えめに感じられますが、
オディロン・ルドンが小さな風景画を自分のためだけに描いていたように、
ラトゥールもまた、売ることは考えず、自分自身のために桃を描いていたそうです。
それでは最後に、ラトゥールの桃をまとめて。


ラトゥールの桃1


ラトゥールの桃2


ラトゥールの桃3


ラトゥールの桃4


ラトゥールの桃5


ラトゥールの桃6


ラトゥールの桃7


ラトゥールの桃8


ラトゥールの桃9


ラトゥールの桃10


ラトゥールの桃11



ああ……桃食べたい。。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1099-b0549a47
該当の記事は見つかりませんでした。