足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オディロン・ルドン「目を閉じて」(オルセー美術館展その5)

0   0


オディロン・ルドン
彼ほど劇的な変貌を遂げた画家もいないんじゃないでしょうか。
オルセー美術館展で展示された彼の代表作「目を閉じて」は、
1890年発表、ルドンが50歳のときの作品。
水平線の向こうに女性の胸部が描かれる、なんとも幻想的な一枚です。


目を閉じて
Les yeux clos(1890)
Odilon Redon




本作を発表するまで、ルドンは「モノクロームのパステル」と称して
木炭とリトグラフによる、奇怪な作品を多数発表していました。
色彩のない世界は、言い換えれば光なき世界。
得体の知れない怪物が蠢く、闇の世界。
目を閉じて」と同じく「目」をテーマにした「眼=気球」を見てみれば、
かつてルドンが浸っていた異常な世界を肌で感じられるはず。


眼=気球



さて、もう一度「目を閉じて」へ戻りましょう。
本作は、ルドンにとって2人目の男の子が生まれた翌年に制作されたもの。
その3年前には長男が亡くなっており、
新たな生命の誕生が、ルドンの作風に変化を与えたことは想像にかたくありません。
彼が得た幸福感は「目を閉じて」の恍惚とした表情にあらわれています。
齢50歳にして、モノクロの奇怪な世界から色彩あふれる柔らかな作風へ。
あらためて、芸術家という存在のすごさに気づかされます。



オルセー美術館展のサイトはこちら
ルドンの作品は「目を閉じて」のほか、
「キャリバンの眠り」の計2点が展示されています。


■オルセー美術館展の関連記事
アンリ・ルソー「蛇使いの女」
ルソー「戦争」
モーリス・ドニ「セザンヌ礼賛」
モーリス・ドニ「ミューズたち」
モーリス・ドニ「カルヴァリオの丘」
ゴッホ「星降る夜」
ポール・ゴーギャン「<黄色いキリスト>のある自画像」
クロード・モネ「日傘の女性」
モロー「オルフェウス」



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


オディロン・ルドン―光を孕む種子オディロン・ルドン―光を孕む種子
(2003/07)
本江 邦夫

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/11-d0857172
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。