足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルメール「天文学者」

0   0


またひとつ、フェルメールの作品に会うことができました。
国立新美術館の「ルーブル美術館展」にて。


フェルメール「天文学者」
The Astronomer(1668)
Johannes Vermeer




フェルメールの「天文学者」。
前にBunkamuraで見た「地理学者」と対をなすような、
書斎の学者、叡智の象徴のような作品です。
いかにもフェルメールらしい窓から射す光。
学者は天球儀に手をあてて、物思いにふけっているようです。
天球儀のうえにかかっている時計のようなものは星座の早見表。
机のうえの本はアードリアン・メティウスの「天文学・地理学案内書」で、
開かれたページまで判別できるとのこと。
そして右上にかけられた絵は「モーセの発見」。
このことから、天文学者は神へ至る道を表しているのでは、という説もあるそうです。


フェルメールの「天文学者」は今回が初の来日。
350年も前に描かれた作品をいま見ることができるだけでもありがたいことで、
実際この絵は一度は失われたことのある作品なのです。
かつて画家を志した独裁者、アドルフ・ヒトラーの手によって。
幸いにも終戦後、アメリカ軍に発見され、元の持ち主の手に戻り、
ルーブル美術館へ寄贈されたとのこと。


そんなわけである意味奇跡のような一枚でもあるのですが、
正直に言ってしまうと、個人的にはあまりピンと来ませんでした。
チラシや本などで見ていた色とは大きく異なっていて、
青が色褪せてしまっているんですよね。
上の画像よりもさらに全体的にセピア調で、
そういう作品だと割り切ってしまえばいいんですが…。
テーブルクロスなんて、まったくそれと判別できなくて
草が生えているようにしか見えなくて……。
なんだか残念な気持ちでした。


今回の展覧会は風俗画に焦点をあてているので
その中心にフェルメールが据えられているのはもっともだと思うんだけど、
個人的には、ムリーリョやティツィアーノの作品のほうが良かったかな。
クロード・ロランやシャルダン、ヴァトー、コローあたりも。
思ったより混雑もしていなかったし、
なんだかんだで全体的には満足度の高い展覧会でした。
3月25日からマグリット展がはじまるので、
そのときにまた見に行くかもです。




今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1102-9078bf76
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。