足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムリーリョ「物乞いの少年(蚤をとる少年)」

0   0


17世紀スペインの画家、ムリーリョ。
「無原罪の御宿り」など宗教画で知られる画家ですが、
こちらは初期の風俗画。
「物乞いの少年(蚤をとる少年)」という作品です。
国立新美術館の「ルーブル美術館展」にて。


ムリーリョ「物乞いの少年(蚤をとる少年)」
A Beggar Boy Picking a Flea(1647-48)
Bartolome Esteban Murillo




熱心に蚤を取る少年。
かたわらには水差し、芋、海老が描かれており、
昼食後のひとときであると考えられます。
となると、「物乞い」ではない――という説もあるみたい。
継ぎをあてた衣服や汚れた足の裏など
貧しいことに変わりはないだろうけど……。
なぜだろう、何か神々しさを感じるんですよね。
カラヴァッジョばりの明暗表現や写実性は
ルーブル美術館展の数々の名品のなかでも際立っていました。
個人的にはこの作品がベストだったかな。
一度実物を見たいと思っていたので、ありがたい限りです。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1104-503b30d3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。