足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

モディリアーニ「アリスの肖像」

0   0


アリス! このたわいない話をうけとり
その手でそっとしまっておいておくれ
思い出の神秘な絆のなかに
子供の日の夢が綯いまぜになったあたりに
巡礼たちが遠い国で摘んできた
とうに萎れてしまった花冠のように

(ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」より)



モディリアーニ「アリスの肖像」
Alice(1915)
Amedeo Modigliani




ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」。
あまりにも有名な物語であり、
登場人物や部分部分のエピソードは知っていたんですが
実はいままで、読んだことがありませんでした。
35歳にして初めて読んだ感想としては……
子どものときに読んでおきたかったなー、と。
どちらかというと一人遊びが好きだった自分は
わりと空想の世界に浸りがちな子どもだったので、
白ウサギが走ってきても、チェシャ猫が笑っていても、
ネムリネズミがうつらうつらしていても、
ハートの女王がわめきちらしていても、
アリスが大きくなったり小さくなったりしても、
そんな風変わりな世界を素直に受け入れられたんじゃないかなぁって。
こういう物語を読むたびに、幼いころのことが無性に愛おしくなります。



画像はアメディオ・モディリアーニの「アリスの肖像」。
不思議の国のアリスとは関係ないと思われますが、なんとなく。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1110-b789e6e1
該当の記事は見つかりませんでした。