足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヴ・クライン「火の絵画」

0   0


昨夜見た、夢のお話。


イヴ・クライン「火の絵画」
Fire Painting(1961)
Yves Klein





外は火の雨が降っていて、
道行く人や車や樹々が燃え上がっていた。
ぼくは実家の階段の裏で、姉と一緒に息をひそめていた。
窓の向こうから、火の柱が近づいてくるのが見える。
「俺は生きるぞ、俺は生きるぞ」と必死で念じながら
逃げ場などあるはずもなく、
全身を激しい熱と痛みに取り巻かれて、
気がつけばまわりには水色の景色が広がっていた。


……という、なんだかひどい夢でした。
行き着いた先は天国だったのやらどうなのやら。
「死にたくない」ではなく「生きるぞ」だったところに
何かいろいろと考えさせられたのでした。
一昨日読んだ津村節子の「智恵子飛ぶ」という小説に、
関東大震災のときの火災旋風の描写があったせいだと思いますが
こんな夢はもう二度と見たくないな……。




画像はイヴ・クラインの「火の絵画」。
ブルーが印象的な画家ですが、
このようなガスバーナーの炎でつくった作品も残しています。





今日も明日もがんばろう。
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/1111-b88c1572
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。