足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルノワール「リュシアン・ドーデの肖像」

0   0


日曜は白金台の松岡美術館に行ってきました。
「モネ・ルノワールと印象派・新印象派展」。
モネやシスレー、ルノワールなどおなじみの作品がズラリで、
特に印象深かったのがルノワールの「リュシアン・ドーデの肖像」でした。


リュシアン・ドーデの肖像
Portrait of Lucien Daudet(1875)
Pierre-Auguste Renoir




う~む、かわゆい。あどけないですね。
ドーデ君が右手に持っているのはビスケット。
ルノワールは子どもの肖像画を描くとき、
無理にポーズをとらせたりせずに
お菓子やオモチャを与えて、自然な表情を引き出したそうです。


展示ではこの作品の横に、ドーデ君のお母さんにあたる
「アルフォンス・ドーデ夫人の肖像画」の写真が飾られていました。
実物はオルセー美術館所蔵。
それにしてもきれいですねぇ。
この母親にして、この子ありというか。
ちなみに父親のアルフォンス・ドーデは文学者で、
リュシアン・ドーデは後に画家になったとか。

アルフォンス・ドーデ夫人の肖像
Portrait of Madame Alphonse Daudet(1876)
Pierre-Auguste Renoir




さて、松岡美術館ですが、
ここはフラッシュをたかず、シャッター音を消せば
カメラ撮影がOKなんですね(携帯はNG)。
実際、パシャパシャ撮影している人もいました。
思いっきりシャッター音してましたけど。。。
「モネ・ルノワールと印象派・新印象派展」は9月26日まで。
公式サイトはこちらです。



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



ルノワール (ニューベーシック) (タッシェン・ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)ルノワール (ニューベーシック) (タッシェン・ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)
(2000/07/01)
ピーター・H・フェイスト

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/125-a98414c4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。