足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラクロワ「ジャウールとパシャの闘い」

4   0


今にも荒々しい息づかいが聞こえてきそうな、
見ているこちらにまで粉塵が舞ってきそうな圧倒的な迫力。
絵に入った亀裂さえ、この争いによって生まれたように感じるほど。


ジャウールとパシャの闘い
Le combat du Giaour et Hassan(1835)
Fedinand Victor Eugene Delacroix



ウジェーヌ・ドラクロワの「ジャウールとパシャの戦い」。
ロマン主義の巨匠として知られるドラクロワは
詩人バイロンの作品に基づく作品を多く発表しており、
こちらもそのうちの一つ。
ジャウールはヴェネツィアを追放されたキリスト教徒の戦士。
そしてパシャは、ジャウールの恋人レイラを殺した憎き敵。
ジャウールはレイラの仇を討つべく、パシャに決闘を挑むのです。


2人の鬼気迫る表情もさることながら、
2頭の馬の造型もすさまじい。赤く充血した瞳といい、
相手を食い殺さんばかりの威圧感といい、
筋肉のきしみが絵そのものを歪ませていくような、
そんな錯覚にさえ陥ります。


ドラクロワはこの「ジャウールとパシャの闘い」において、
レオナルド・ダ・ヴィンチの「アンギアリの戦い(ルーベンスの模写)」から
影響を受けているのだとか。
なるほど確かに、暴力的な躍動感や迫力には相通じる物があります。

アンギアリの戦い



ちなみにさっき「プリンス・オブ・ペルシャ」を見ていて、
ドラクロワの作品群を思い出したのでした。
映画の印象は……まあまあかな。



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



ドラクロワ 色彩の饗宴 (ART&WORDS)ドラクロワ 色彩の饗宴 (ART&WORDS)
(1999/01)
Eug`ene Delacroix、

商品詳細を見る


関連記事

-4 Comments

Poponpo says..."初コメント"
初めまして!

私も多忙な日々が続いた時は美術館に行く癖があるものです。

音も無く、言葉もない
そこから「静」をたくさんもらってます。

美術には詳しくありませんが
ルソーが大好きですね。
もちろん、オルセーには足を運びました。

3回行きました(笑)フランスに行ったと思えば容易い事ですね…

最近は雰囲気を変えて、森アーツセンターギャラリーにて開催中の「北原照久の超驚愕現代アート展」に行ってきましたよ。

初めてのジャンルの展覧会でしたが、とっても良かった!!!

武藤政彦さんの作品でキネトスコープ・オートマタ(自動人形からくり箱)がたくさん並んでいたのですが、独特の雰囲気があり素晴らしい世界観を造りあげていらっしゃいました。

絵画とは違う展覧会ではありますが、是非とも足を運んでみて下さいね★

ちなみに、近々綾瀬住民になります(笑)
2010.10.19 15:02 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: 初コメント"
コメントどうもです!
最後の一文にびっくり(笑)
何もない街ですが、素敵な新生活が始まることを祈っております。

森アーツセンターギャラリー、ぜひ今度行ってみます♪
あの近辺だと21_21なんかもおもしろいですね。

ルソーは箱根のポーラ美術館で企画展をやってるんで、
今度行ってみようかなぁなんて思っています。
オルセーの感動が忘れられず。

ではでは。
2010.10.20 23:47 | URL | #- [edit]
謎の三文字☆村石太 says..."絵画同好会(名前検討中 ドラクロワを語る会"
ドラクロワ画像を拝見しています。
すごい 構図というのか スゴイ 二人の配置というのか 絡みですね。
馬も大変なことになっていますね。
私は 漫画も イラストも 好きです。
すごいの たくさん 知りたいです。
2012.07.14 23:11 | URL | #7ZeC6Eyw [edit]
スエスエ201 says..."Re: 絵画同好会(名前検討中 ドラクロワを語る会"
> 謎の三文字☆村石太 さん

ドラクロワはホント圧巻ですね。
彼の作品だけでもすごいのが多すぎて……。
絵画の世界は奥が深いです(笑)
2012.07.16 01:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/138-73a83aff
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。