FC2ブログ

足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内栖鳳「獅子」

2   0


ド迫力。
日本画で、しかも金屏風でこれをやりますか。
竹内栖鳳、やっぱりすごいです。


獅子_右隻

獅子_左隻
上:竹内栖鳳「獅子」(右隻)
下:竹内栖鳳「獅子」(左隻)
※クリックすると拡大してご覧いただけます。




ニューオータニ美術館の「日本画に見る四季の美展」より、
竹内栖鳳の「獅子」。
四季も何もライオンじゃん、っていう突っ込みはさておいて、
いざ実物を前にしたら、思わずその威容に足がすくみます。
写実的であるとか、実際にベルギー滞在中にライオンを写生したとか、
そういうことではなくて……。
これを前にしたら、一休さんもトンチなんて言えないんじゃないかと(虎じゃないけど)。
全身に野性味がみなぎっていて、
悠揚迫らざる王者の風格ここにありといった感じで。
あの愛らしくも妖しげな「班猫」と比較してみると面白いかもしれません。
日本画家のすごみは、その柔軟性にこそあるのかなぁなんて思いました。


ニューオータニ美術館の「日本画に見る四季の美展」は、11月28日まで。
竹内栖鳳のほか、上村松園や横山大観、橋本雅邦、
下村観山、鏑木清方などおなじみの日本画家がずらり。
点数は少ないものの、何気に豪華な企画展でした。
ホームページはこちらをご覧ください。



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



竹内栖鳳 (ちいさな美術館)竹内栖鳳 (ちいさな美術館)
(2009/11/20)
竹内 栖鳳

商品詳細を見る


関連記事

-2 Comments

Masaru  says..."若い家鴨"
芸術に関しては、全くの素人です。
竹内栖鳳を知ったのは、たまたま国立京都近代美術館に行った時です。『若い家鴨』という作品を見たのが初めてでした。それぞれの家鴨たちが、息をしている感じられました。よくそこまで観察して描いたものだと関心しました。これからも、芸術作品の紹介をお願いいたします。
2010.12.16 19:09 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: 若い家鴨"
こんばんわ。「若い家鴨」は見たことがなくて画像検索してみたんですが、なるほど今にも動き出しそうで、すごい観察眼ですよね。記事ごとにだいぶムラがありますが、今後も素敵な作品を紹介していきたいと思っております♪

2010.12.18 00:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/164-c0f6691a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。