足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクロウ

0   0


本日11月23日は、ベルギー出身の画家レオン・スピリアールトの命日。
オディロン・ルドンに強く影響を受けたスピリアールトは
深い黒と青を基調とした作品を発表していきます。
見る者に不安を抱かせる数々の自画像
幻想的な「めまい」が有名ですが、
なかにはこんな可愛らしい作品も。


フクロウ
The Owl(1919)
Léon Spilliaert
※画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。




1919年発表の「フクロウ」。
スピリアールトは散歩中にフクロウを観察するのを好んだそうで、
この年、フクロウを題材にした作品を多く描いたのだとか。
ぱっちりおめめが何ともキュートですね。
と、ここでちょっと違和感が。
……散歩中にフクロウ?


実はスピリアールトは不眠症に悩まされており、
夜中に野外を徘徊する習慣があったそうです。
多くの作品に共通するどんよりした暗さには、
こうした生活習慣も影響しているわけですね。


こうして考えてみると、
この「フクロウ」という絵もただ可愛いではすまされないような。
心の内側まで見透かされそうな、無言の圧力を感じてきました。
鬱蒼と茂ったベルギーの森、
闇夜に光るフクロウの瞳。
その首は左右に180度回転し、
どこに隠れても視線が追いかけてくるわけです。
まるで監視されているような……。

フクロウ_部分



ちなみにフクロウは
ローマ神話の女神ミネルヴァの使いであり、
知性を象徴する生き物とされています。
「ミネルヴァのフクロウは黄昏に飛び立つ」なんて言葉もありますね。
不眠症患者のスピリアールトは、
フクロウをどんな気持ちで見つめていたのでしょうか。
自分を監視し、咎める存在だったのか、
それとも夜に彷徨う自分を正当化してくれる存在だったのか。
ねぼすけの私には想像もつきません。



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


Leon Spilliaert: Life and WorkLeon Spilliaert: Life and Work
(2007/11)
Norbet Hostyn

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/173-f980acc3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。