足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹窓裸婦

0   0


一度見たら忘れられないインパクト。
どうも僕は好きになれないんだけど、
大原美術館のたくさんの作品のなかで印象に残ったもの、となると
やはりこれははずせない。
梅原龍三郎の「竹窓裸婦」です。


竹窓裸婦
Nude by the Window(1937)
Umehara Ryuzaburo




緑色の裸婦。
なんともまがまがしく、そしてたくましいお姿……。
夢に出てきたらうなされそうですね。
エロスな感じはしない。
きれい、というわけでもない。
でも何か、強烈なものが込められているのは分かります。
それが何かは分からないけれど。修行が足りないのかな。



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


梅原龍三郎とルノワール梅原龍三郎とルノワール
(2010/11)
嶋田 華子

商品詳細を見る


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/181-f9ad8191
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。