足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本芳翠「唐家屯月下之歩哨」

0   0


2010年最初の美術館詣で。
どこに行こうか迷って国立近代美術館に決めたものの、
結局途中で予定を変更。
皇居内にある三の丸尚蔵館の「近代の洋画家、創作の眼差し」を見てきました。


唐家屯月下之歩哨



こちらは山本芳翠の「唐家屯月下之歩哨」。
山本は日清戦争に従軍画家として赴いており、
そこで見た光景を描いたものだそうです。
バルビゾン派風のいぶし銀の樹木の合間から
山頂の右上に輝くのは、落日ではなく満月。
月明かりが中央の小川にゆらめき、
右手には歩哨が、直立不動の姿勢で立っています。
目をこらせば、小川の向こうには馬にまたがる軍人が2人。
戦地を描いたにもかかわらず、幻想的で静謐な雰囲気の漂う一枚です。


三の丸尚蔵館は会社から近くて、しかも無料なんで
ちょいちょい足を運んでいるんですが、
宣伝活動を一切していないようなので
こういう展示をしていても気づかないことが多いんですよね。
今回も、展示が明日までということに直前で気づいて予定変更した次第。
明日予定のない方は、ぜひ足を運んでみてください。
点数は少ないものの、宮内庁秘蔵の名画がならんでいます。
開館は15時45分までなので、
早めに出かけて皇居散策も兼ねて、
そのあと国立近代美術館をはしごするのがオススメです。



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


異界の海 ―芳翠・清輝・天心における西洋異界の海 ―芳翠・清輝・天心における西洋
(2006/01/31)
高階 絵里加

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/212-6558b50b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。