足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグリット「赤いモデル」

0   0


靴? 足?
浮き上がった血管や黒ずんだ爪の不気味さよりも、
靴がからっぽなのが何だか怖い。


赤いモデル
Le Modèle Rouge(1935)
René Magritte




ルネ・マグリット「赤いモデル」。
国立新美術館の「シュルレアリスム展」より。
この作品はわりと有名なのか
ちょいちょいポスターとかで目にしますね。
マグリットは何度もこのモチーフで、
このタイトルで作品を描いたのだとか。


それにしても、一体何が赤いんでしょう。
カタログには、
「皮膚を剥いだときに現れる
血まみれの肉の木型」と書いてあったけれど。。。
倒したら血がどばっと出てくるのかなぁなんて考えてたら、
気持ち悪くなってしまいました。



国立新美術館の「シュルレアリスム展」は5月9日まで。
ホームページはこちらをご覧ください。



ぽちっとお願いします!
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


マグリット (ニューベーシック) (ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)マグリット (ニューベーシック) (ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)
(2001/05/31)
マルセル パケ

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/240-66a94197
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。