足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリコ「ヘクトルとアンドロマケ」

0   0


ゴゴゴゴゴゴゴ……



ゴゴゴゴゴゴゴ……






ゴゴゴゴゴゴゴ……






ヘクトルとアンドロマケ
Hector et Andromache(1917)
Giorgio De Chirico




ジョルジョ・デ・キリコ「ヘクトルとアンドロマケ」。
同僚から「ジョジョの奇妙な冒険」を借りて読んでるんですが
どうしてもこの作品を連想してしまうんですよね。
なんとなく、立ちポーズもいわゆる「ジョジョ立ち」っぽいし、
全体的な造型がスタンドっぽいし。
名前も名前だし。。


類似の作品だと、
「ヘクトルとアンドロマケの別れ」という作品が
大原美術館にありますね。
また、現在開催中のシュルレアリスム展でも、
キリコの作品を見ることができます。
マネキンチックな(スタンドチックな)作品もあるので、
気になる方はぜひ国立新美術館へ。


さて、ジョジョはようやく3部に突入したところで、
イギー vs ホルス神の戦いが楽しみです。
好きなキャラはイギー、ナランチャ、フーファイターズ。
スタンドだったらハーベスト、セックスピストルズ、ウェザー・リポート。
特にハーベストは、道に落ちてる小銭を拾ってきてくれるのでオススメです♪
それでは、次回もジョジョネタ行っちゃいます。
たまにはゆる~く、ということで。



オラオラオラオラーーッッッッ!と押してみてください
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


デ・キリコ アート・ギャラリー現代世界の美術 (17) (アート・ギャラリー現代世界の美術) (アート・ギャラリー 現代世界の美術)デ・キリコ アート・ギャラリー現代世界の美術 (17) (アート・ギャラリー現代世界の美術) (アート・ギャラリー 現代世界の美術)
(1986/05/02)
中山 公男、 他

商品詳細を見る


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/251-58015e4b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。