足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・ブレット「石割り」

2   0


ジョン・ブレット「石割り」。
ひとつひとつ、コツコツと。


石割り_ブレット
The Stonebreaker(1857-58)
John Brett




文章に関して不適切な表現があり、ご指摘をいただきました。
最初は「何だこの野郎」とよく読みもせず反発してしまったんですが、
何度も読み返すうちに、そんな感情を抱いたことが恥ずかしくなり。。


僕はまがりなりにも、文章表現を生業としている人間です。
広告、しかも掲載媒体は新聞が中心なので、
なおさら正確性が問われますし
誤解のない表現を心がけるよう徹底しなければなりません。
仮に部数が100万部だとしても、たった0.01%が100人に相当します。
自分の言葉が100人を傷つけることだってあるわけで、
だからこそ色んな人が入念にチェックして、
たくさんの目で文章が磨かれていきます。
一言一句をおろそかにしない、
その姿勢がなければこの仕事は成り立ちません。


ただ、長く仕事をしていると甘えも生じます。
手抜きをしているつもりはないけれど、
心がこもっていない場合も多々あります。
そんなときほど、自分のミスを受け入れがたくなってしまうんです。
他者からの建設的な意見であっても、それを「否定」ととらえてしまう。
そんなふうになったらおしまいですね。


ブログの文章に関しては、クオリティで言ったら
仕事用の文章とは雲泥の差だと思います。
少なくとも、商売になる文章ではありません。
あくまでもここは趣味の場であり、
「もっと書きたい」という欲求を満たす場として捉えているので、
基本的には書きっ放しで誤字脱字も多いと思います。
練られていない文章です。
「読んでほしい」よりも「書きたい」という気持ちのほうが強いんでしょうね。
そのへんも、誤解を与える文章表現につながった一因かと思います。
独りよがりの文章は、容易に凶器になり得ます。
そして往々にして、加害者は害を加えたことにすら気づかないものです。
そういった意味でも、今回ご指摘をいただいたことは
大変ありがたいことだと感じています(最初イラッとしました、反省してます)。


文章って、本当に難しいです。
巷では「文章上達のコツ」みたいな記事をよく見かけますが、
簡単に書けるようになったら誰も苦労はしないし、誰も傷つきません。
毎日コツコツと、書き続けるしかないんです。
そのかわり、道を間違えたときに正してくれる人さえいれば、
文章は限りなく上達していくと思います。


さて、書き込みをいただいた3月9日は、
「サンキュウ」とかけて「ありがとうの日」でした。
ここまで読んでいただいた皆様、
いつも僕の駄文を読んでくれている皆様、
そして今回、文章について考える機会を与えてくださった方、
本当にありがとうございます。




ぽちっとお願いします♪
人気ブログランキングへ  Twitterボタン

関連記事

-2 Comments

ひな says..."賢者"
大好きな詩があります。

To laugh often and much; To win the respect of intelligent people and the affection of children; To earn the appreciation of honest critics and endure the betrayal of false friends; To appreciate beauty, to find the best in others; To leave the world a bit better, whether by a healthy child, a garden patch, or a redeemed social condition; To know even one life has breathed easier because you have lived. This is to have succeeded.

Ralph Waldo Emerson (1803 - 1882) American Essayist & Poet

真の「賢者」とは何かを考えさせられる一遍です。

スエさんの謙虚な姿勢、すばらしいですね。

批評をただ鵜呑みにして、
薄っぺらな訂正や謝罪をするのではなく、
熟慮され、ご自分の信念のもと、
異見を受け入れられた度量は、
スエさんの賢明さそのものですね。

これからも更新を心待ちにしています。
スエさんらしい闊達な文章を楽しみにしています☆


2011.03.10 09:52 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: 賢者"
>ひなさん

この詩、はじめて知りました。
「To know even one life has breathed easier because you have lived」ってところが胸に響きました。
この一事だけで、いろいろ頑張れそうな気がします。

ホントはいろいろ打算めいたものもあるんですよ。
どうすれば双方まるくおさまるかなぁとか。
やり取りが続いたとして、モヤモヤしたままなのは嫌だなぁとか。
実物はかなりいい加減な人間なので、
しゃべると色々ボロが出てきてしまうんですが
文章はじっくり考えてからカタチにできるので助かっております♪
2011.03.11 02:42 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/257-99d5e0a7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。