足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高橋由一「鮭」

0   0


とても立派な鮭でした。
脂の乗った、鮭でした。


高橋由一_鮭
Salmon(c.1877)
Takahashi Yuichi




高橋由一「鮭」。
明治の日本で油絵の普及に努めた画家が、
40代後半のころに描いた作品。
もともとは狩野派に学び、
洋画家に転向したのは30代半ばといいますから、
およそ10年でこの境地に達したということですね。
まさに円熟、ふるう絵筆にも脂がのっていたことでしょう。
重要文化財に指定されているのも納得です。


先日行った東京藝術大学大学美術館にて、
「香り かぐわしき名宝」と並行して開催されていたコレクション展示で
この「鮭」が展示されていました。
まったくノーマークだっただけに、偶然の出会いに感謝感激。
高橋由一の作品では、同じく重文の「美人(花魁)」も。
こちらも要チェックです♪




ぽちっとお願いします♪
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


高橋由一 (新潮日本美術文庫)高橋由一 (新潮日本美術文庫)
(1998/04)
坂本 一道

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/293-04bf58d7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。