足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セガンティーニ「羊の剪毛」

0   0


いかにもセガンティーニな、
羊の毛を刈るアルプスの一幕。
国立西洋美術館所蔵、「羊の剪毛」。
なんかこう、敬虔な気持ちにさせられます。
ミレーの作品にも通じるものがありますね。


セガンティーニ_羊の剪毛
 The Sheepshearing(1883-84)
 Giovanni Segantini




さて、明日から損保ジャパン東郷青児美術館で予定されてた
33年ぶりの回顧展「アルプスの画家セガンティーニ」。
一昨日の晩、中止になったことを知って
ショックを隠しきれなかったんですが……
本日、うれしいお知らせが。
7~8月の滋賀・佐川美術館、9~10月の静岡市美術館は
めでたく開催決定とのことです!!
都内で見られないのは残念ですが、
静岡だったら、ちょっと頑張れば行けそうですね。
芸術の秋はセガンティーニに決まり♪


さてさて、「羊の剪毛」は先日西洋美術館の常設展で見てきたばかりですが、
今度レンブラント展を見に行くついでに、
予習もかねてあらためて見てきたいと思います。
ちなみに同美術館にはもう1枚、セガンティーニの
「風笛を吹くブリアンツァの男たち」という作品があるみたいですが
残念ながらまだ出会ったことがありません。
セガンティーニ展にあわせて、展示してくれると嬉しいな。




ぽちっとお願いします♪
人気ブログランキングへ  Twitterボタン



SegantiniSegantini
(2011/04/30)
Giovanni Segantini

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/294-24edff8b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。