足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アール・ブリュット・ジャポネ展と高村智恵子

3   0


前回ヘンリー・ダーガー展を紹介しましたが、
これと合わせてぜひ見に行ってほしいのが
埼玉県立近代美術館の「アール・ブリュット・ジャポネ展」です。


アール・ブリュット・ジャポネ展



アール・ブリュットは「生の芸術」という意味で、
英語ではアウトサイダー・アートと表現します。
正式な美術教育を受けず、発表することを目的とせず
独自に制作を続ける人たちの作品のことで、
孤独のなかで「非現実の王国で」を作り上げたヘンリー・ダーガーは
このアウトサイダー・アートの代表格。
「アール・ブリュット・ジャポネ展」は
日本人のアウトサイダー・アートを集めた展示で、
昨年春からパリで開催され、好評を博したそうです。


展示されている作品は……一言で表現するなら、自由。
自由すぎて玉石混淆なきらいもあるし、
好みが大きく分かれると思います。
それでも中には、胸ぐらをグワッとつかまれるような作品もあって。
ルオーのような宗教的な静けさや、
ゴヤのような深い闇を感じさせる作品も。
クレーのような無垢な抽象もあれば、
岡本太郎のような原始衝動、ピカソのような破壊も。
先人たちが試行錯誤の末にたどり着いた境地に、
一足飛びに手が届く人たちがいることに衝撃を受けました。


なかでも印象的だったのが、舛次崇さんの作品。
動物の形態の真っ黒な塊は、ACの過去のCM作品「黒い絵」を連想させます。
人間の深奥にある闇がそのまま現れ出たかのようでありながら、
じっと見つめているとどこか愛嬌が感じられてきて
作品の前から離れられなくなってしまうんですよね。
彼の作品はこちらのサイトで見ることができます。


さて、日本のアウトサイダー・アートといえば。
僕は高村智恵子が思い浮かびます。
詩人高村光太郎の妻で、
精神を病んで入院し、そこで千点以上もの紙絵を制作した人。
「東京に空が無い」と言った、あの人です。
もともとは女流画家として有名だったので
アウトサイダーと呼ぶのは不適当かもしれませんが、
入院後の彼女は、夫に見せるためだけに美しい紙絵を生み出すわけで。
「アール・ブリュット・ジャポネ展」に展示されていた作品群に
精神性が近い気がするんですよね。


それでは、最後に高村光太郎の「智恵子の半生」から引用を。


ただ此の病院生活の後半期は病状が割に平静を保持し、
精神は分裂しながらも手は曾(かつ)て油絵具で成し遂げ得なかつたものを
切紙によつて楽しく成就したかの観がある。
百を以て数へる枚数の彼女の作つた切紙絵は、
まつたく彼女のゆたかな詩であり、
生活記録であり、たのしい造型であり、
色階和音であり、ユウモアであり、
また微妙な愛憐(あゐれん)の情の訴でもある。
彼女は此所に実に健康に生きてゐる。
彼女はそれを訪問した私に見せるのが何よりもうれしさうであつた。
私がそれを見てゐる間、
彼女は如何にも幸福さうに微笑したり、
お辞儀したりしてゐた。
最後の日其を一まとめに自分で整理して置いたものを私に渡して、
荒い呼吸の中でかすかに笑ふ表情をした。
すつかり安心した顔であつた。
私の持参したレモンの香りで洗はれた彼女は
それから数時間のうちに極めて静かに此の世を去つた。
昭和十三年十月五日の夜であつた。



埼玉県立近代美術館の「アール・ブリュット・ジャポネ展」は、
ヘンリー・ダーガー展と同じく5月15日(日)まで。
サイトはこちらをご覧ください。



ぽちっとお願いします♪
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


智恵子抄 (新潮文庫)智恵子抄 (新潮文庫)
(2003/11)
高村 光太郎

商品詳細を見る


関連記事

-3 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.05.11 19:37 | | # [edit]
スエスエ201 says..."Re: 芸術と幸福"
> ひなさん

こちらは金曜から晴れる、と思ったらまた暑くなるみたいです。むむむ。
天気の変化を楽しむには、ちょっと極端すぎて疲れちゃいますね。

「幸せな人には傑作は生み出せない」、
う~んどうなんでしょうね。
たしかに絵画でも文章でも音楽でも、
人生の経験値って大きくかかわってくる気がします。
良いことも悪いことも含めて、いろんな経験をしていろいろ考えた方がいいのかな、と。
不幸な人生を送ってきたほうが、ハングリー精神が強いというのはあるかもしれないですね。
ただ、一般的に言う「不幸」が、その人にとって不幸かどうかは分からないです。
爪に灯をともすような生活でも、それを楽しいと思えればきっと幸せです。


幸せか不幸かは本人が決めることだけど、
人生経験は本人だけじゃなくて、家族や友人の存在こそ重要ですよね。
小さいころから美術館に連れていったり、
自然に触れさせたり、いろんな音楽を聴かせたり。
そうやって育った人は、きっと優しい作品をつくるようになると思います。
波瀾万丈とはいかなくても、実りの多い人生なら作品に結実すると思いますよ。
2011.05.13 02:46 | URL | #- [edit]
履歴書と旅行 says...""
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
2013.08.02 23:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/304-1eef855c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。