足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンブラント「3本の木」

0   0


光と影、
平穏と不穏、
日常と非日常、
喜びと哀しみ。
そんな対立項と精神性を感じさせる一枚です。


レンブラント_3本の木
The Three Trees(1643)
Rembrandt van Rijn




レンブラント・ファン・レイン「3本の木」。
21.3×27.9cmという、ほぼA4横に近いサイズのなかで
目を凝らすと実に多様な要素が描き込まれています。
左側では釣りをする人、草を食む牛、風車。
3本の木の後ろには馬車も見えます。
そしてその先には、右方向に足を投げ出して絵を描く画家の姿。
のどかな一幕と思いきや。
彼の後ろには一塊の「3本の木」が風に揺られ、そして……
画面左上に目を移せば、斜めに刻まれた黒い直線の連なりが
嵐が近づきつつあることを予感させます。


迫り来る嵐に早くも気づいたものか、
一番左の木のそばに、飛び立とうとする鳥の姿も見てとれます。
けれど人々は悠々と過ごしており、
このままでは嵐にのまれてずぶ濡れになってしまうんでしょうね。


この作品の前年、1642年にレンブラントは妻のサスキアを失っており、
その哀しみや喪失感が作品にもあらわれているのかもしれません。
ちなみにレンブラントが、代表作「夜警」を完成させたのも同じく1642年。
「夜警」などの大作の受注によってレンブラントは財を築くわけですが、
以降の彼の人生は決して平穏とは言えないものだったようです。
愛人との裁判沙汰や教会からの破門、破産、などなど……。
「夜警」という円熟期から、嵐のような日々へ。
「3本の木」という作品は、そんなレンブラントの人生を予感させる一枚です。

夜警
The Night Watch (The Militia Company of Captain Frans Banning Cocq)(1642)
Rembrandt van Rijn




国立西洋美術館の「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」は、
2011年6月12日(日)まで。
「3本の木」を含む版画作品が約100点、
油彩や素描が15点展示されています。
公式サイトはこちらをご覧ください。



ぽちっとお願いします♪
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


レンブラント (ニューベーシック) (タッシェン・ニューベーシック・アートシリーズ)レンブラント (ニューベーシック) (タッシェン・ニューベーシック・アートシリーズ)
(2001/07/11)
ミヒャエル・ボッケミュール

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/312-0a4e7072
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。