足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルオー「孤独者通り」

0   0


夜は遅い。
母親はあそこに、父親はまだ帰らない。


ルオー_孤独者通り
Rue des Solitaires, Miserere
Georges Rouault




ジョルジュ・ルオー「孤独者通り(ミセレーレより)」。
冒頭の文章は、この作品にルオー自らが添えた詩だそうです。
母親は路地の向こうに佇む女性、娼婦のことを指しているのでしょうか。
暗く荒んだ風景の向こうには、
郊外のキリスト」でも描かれた煙突がそびえています。
パリ中心部の歓楽を支えるために稼働し続ける、
労働者階級の象徴ともいえる工場の煙突が……
このうら寂しい街を飲み込もうとしているかのよう。


版画集「ミセレーレ」は、
ルオーが美術学校を退学した1900年頃から1920年頃までに
描きためた作品をまとめた集大成ともいえる傑作。
全58点の銅版画には孤独や無常、苦悩、そして祈りが散りばめられています。
そのうちの1枚である「孤独者通り」は、
ルオーが住んでいたベルヴィル街に実際にあった通りなんだとか。
こんな景色を見つめながらルオーは育ち、
悲観と絶望の果てに、やがて祈りの世界へと到ったんですね。
あるいは社会の底辺を知っていたルソーだからこそ、
その祈りは真実味をもって観る者に訴えかけるのかもしれません。


ルオー_出会い(受難)
Rencontre, Passion
Georges Rouault




パナソニック電工汐留ミュージアムの
「ルオーと風景」は、7月3日まで。
図録はamazonでも購入できるみたいですね。




ぽちっとお願いします♪
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


ルオーと風景―パリ、自然、詩情のヴィジョンルオーと風景―パリ、自然、詩情のヴィジョン
(2011/05)
ジョルジュ ルオー

商品詳細を見る


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/321-730dccea
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。