足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モネ「日傘の女性、モネ夫人と息子」

2   0


1年ぶりの再会?
でも、どこか違う。
クロード・モネ日傘の女性、モネ夫人と息子」。
第2回印象派展に出品された時は「散歩道」と名付けられていた傑作です。
国立新美術館の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」より。


モネ「日傘の女性、モネ夫人と息子」
Woman with a Parasol - Madame Monet and Her Son(1875)
Claude Monet




グリーンの日傘を手に、草原に佇む女性は
モネの妻、カミーユ。
こちらに気づいて振り返ったその瞬間を、
モネは独特の流れるような筆致で切り取っています。
後ろに流れるヴェールはまるで風の動きをあらわしたかのよう。
躍るようにそよぐ黄色の花々を、
ヴェールの向こうのカミーユの表情を、
その向こうでどこか退屈そうな息子・ジャンを、
モネは愛情をもって描き出しています。
この幸せなひとときを、永遠にカンバスに閉じ込めようとするかのように。


昨年のオルセー美術館展では、
これとよく似た構図の「日傘の女性」が展示されていました。
ですが、モデルはカミーユではなく別の女性。
この点について詳しくはこちらに書いていますが、
なんというか……切ないエピソードなんですよね。
モネがいかにカミーユを愛していたか、
この作品を大切にしていたか。
なまじそういう知識があるだけに、
今回「日傘の女性、モネ夫人と息子」を見たときも
なんだか切ない気持ちになってしまったんです。


ところで、白いドレスが爽やかなモネ夫人・カミーユですが、
よく見るとお尻のところが不自然に盛り上がってますね。
これはバスル・スタイルでしょうか。
当時はやったという腰の部分が丸く盛り上がったドレスで、
これのおかげで美しい三角形のシルエットが成立しているのかも。
鮮やかな緑の草花から伸びる白い三角形、
その頂点には再びパラソルの緑。
そしてもう一度、視線はカミーユの顔へ。
モネはまさしくそんな目の動きで、
愛する妻を見上げたのでしょう。
永遠を思いながら、一瞬を描きながら……。


さて、国立新美術館の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」ですが
点数がちょっと少なめなこともあって、
わりとゆったりスペースを取って作品が配置されていました。
これなら多少の混雑も気にならず、じっくり名画を楽しめると思います。
同展の副題は「印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション」。
会期は9月5日まで、その後京都市美術館に巡回します。
今日からしばらくは同展の作品をご紹介していくつもりですが、
紹介したい作品がありすぎて困ってしまいます(笑)



■「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」の関連記事
モネ「ヴェトゥイユの画家の庭」
カサット「青いひじ掛け椅子の少女」
マネ「鉄道
バジール「若い女性と牡丹」
ルノワール「アンリオ夫人」
ルノワール「踊り子」
ゴッホ「薔薇」
ゴッホ「自画像」




ぽちっとお願いします♪
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


モネ (ニューベーシック) (タッシェン・ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)モネ (ニューベーシック) (タッシェン・ニュー・ベーシック・アート・シリーズ)
(2000/07/30)
クリストフ・ハインリッヒ

商品詳細を見る


関連記事

-2 Comments

min says...""
すばらしい絵ですね。この絵はNational Gallery でずいぶん前に2度見て、東京でも見ることができました。日本では写真撮影ができないのが残念。海外ではかなりどこでも写真OKなんですけれど。
2013.09.25 19:28 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: タイトルなし"
> minさん

現地でも見られたんですね。うらやましい。
日本だと、お客さんが殺到しちゃうからでしょうかねぇ。
美術館所蔵品の常設展示でしたら写真OKなところも増えてきたような気がしますよ。
2013.09.26 02:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/332-c89bbc43
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。