足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バジール「若い女性と牡丹」

2   0


国立新美術館の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」ですが、
個人的に嬉しかったのがバジールとカイユボット。
特にバジールは夭逝の画家ゆえ作品数自体が少ないらしく、
そんな彼の作品が3点も来日してるんですよね。
ということで、今回はフレデリック・バジール「若い女性と牡丹」を。


バジール「若い女性と牡丹」
Young Woman with Peonies(1870)
Frédéric Bazille




ずらりと並んだ色とりどりの春の花。
その中から淡いピンクの牡丹を手にとり、
こちらに視線を投げかける黒人女性。
花と黒人女性という組み合わせは
マネの「オランピア」を思わせますが、
娼婦に付き従う召使いという設定のせいか
どこか卑屈さが垣間見える「オランピア」の黒人女性に対し、
バジールの「若い女性と牡丹」では
どちらかというと生きる強さ、したたかさを感じるんですよね。
ぼーっとしてたら呼び止められて、むりやり花を買わされてしまいそうな。

オランピア
Olympia(1863)
Edouard Manet




じつは「若い女性と牡丹」には、対となる同題の作品が存在します。
ファーブル美術館の所蔵で、同じ黒人女性と花々という取り合わせながら
女性の視線は花のほうを向いており、
しかも描かれているのは花瓶に花を活けている場面。
表情はより自然で、気品さえ感じさせます。


バジール「若い女性と牡丹」2
Young Woman with Peonies(1870)
Frédéric Bazille




これら2つの作品が描かれたのは1870年。
この年、バジールは普仏戦争に志願し、戦場で命を落とします。
わずか28歳、早すぎる死は印象派の面々にも衝撃を与えたそうです。
印象派の隆盛を見ることなく戦地に散ったバジールですが、
早すぎる晩年に彼が残した花々は
今もカンバスからあふれんばかりの香しさで
可憐に咲き誇っています。
作品と生涯については、吉川節子著「印象派の誕生」(中公新書)に詳しく。
そして国立新美術館に行けば、バジールの作品3点と出会えますよ♪




■「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」の関連記事
モネ「日傘の女性、モネ夫人と息子」
モネ「ヴェトゥイユの画家の庭」
カサット「青いひじ掛け椅子の少女」
マネ「鉄道」
ルノワール「アンリオ夫人」
ルノワール「踊り子」
ゴッホ「薔薇」
ゴッホ「自画像」




ぽちっとお願いします♪
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


印象派の誕生―マネとモネ (中公新書)印象派の誕生―マネとモネ (中公新書)
(2010/04)
吉川 節子

商品詳細を見る


関連記事

-2 Comments

says...""
ワシントンナショナルギャラリー展に行きました。
ブログ、拝見してから行ったらまた違った楽しさがあったかな、なんて思いました
2011.06.23 02:04 | URL | #- [edit]
スエスエ201 says..."Re: タイトルなし"
こんにちは、コメントありがとうございます!
もう1回行ってみては?
ぼくもそうする予定です♪
同展行ったあとでいろいろ資料読んで、
また興味が高まってしまった次第です^^


> ワシントンナショナルギャラリー展に行きました。
> ブログ、拝見してから行ったらまた違った楽しさがあったかな、なんて思いました
2011.06.25 13:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/338-90cc99f0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。