足立区綾瀬美術館 annex

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

ルノワール「アンリオ夫人」

2   0


あいかわらず、お美しい。
1年ぶりの再会に思わず胸がときめきました。
ピエール=オーギュスト・ルノワールアンリオ夫人」。
昨年の国立新美術館「ルノワール 伝統と革新」に続き、
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」にいらっしゃってます。


ルノワール「アンリオ夫人」
Madame Henriot(1896)
Pierre-Auguste Renoir




どうです、この優雅な微笑み。
キリッとした弓なりの眉、
やや大きめの、澄んだ瞳。
青を基調とした画面のなかで、
ほのかに朱がさした頬と
唇の赤に視線が吸い込まれていきます。
そして肌にのせた微かな青が背景の青と呼応し、溶け合い、
やわらかな統一感が生まれているんですね。
首に巻かれたチョーカーや胸元のあいたドレスもよく似合ってます。
う~ん涼しげ。素敵だなぁ。


大人の女性の秘めたる色香を感じさせる一枚ですが、
モデルのアンリオはこのときまだ20歳になるかならないかという年齢。
駆け出しの女優だった彼女は
1870年代、ルノワールのお気に入りのモデルだったとか。
生涯独身を貫いたため正確には「夫人」ではないですし、
このころのフランスの平均結婚年齢は
女性で25~26歳くらいだったといいますから、
彼女は少し背伸びしていたのかもしれませんね。
そして、そんな彼女の気持ちを察したものか
ルノワールはアンリオの顔を美化して描き、
時を越えて鑑賞者を魅了するような大人の美女に仕立てています。
彼女は自身を描いた肖像画のなかで、
唯一この「アンリオ夫人」だけは生涯手放さなかったといいます。
とすると、ルノワールが描いたのは
彼女自身が思い描いた理想像だったのかもしれませんね。


国立新美術館の「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」では、
ルノワールの作品が「アンリオ夫人」を含めて計9点も展示されています。
次回はこの作品の隣に並べられた、
もう一枚の「青い」作品をご紹介します。




■「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」の関連記事
モネ「日傘の女性、モネ夫人と息子」
モネ「ヴェトゥイユの画家の庭」
カサット「青いひじ掛け椅子の少女」
マネ「鉄道」
バジール「若い女性と牡丹」
ルノワール「踊り子」
ゴッホ「薔薇」
ゴッホ「自画像」



ぽちっとお願いします♪
人気ブログランキングへ  Twitterボタン


印象派印象派
(2010/09/23)
インゴ・F・ヴァルター

商品詳細を見る

関連記事

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.06.29 22:58 | | # [edit]
スエスエ201 says..."Re: タイトルなし"
> ひなさん

お久しぶりです♪
もうすでに溶けそうです(笑)

素敵なお仕事をされてたんですね。
出来上がったら教えてくださいな。
神保町にそっち専門のお店があるんで、買いに行っちゃいます。
お子さんにとっても、一生誇れる宝物になると思いますよ。

出版にかぎらず、ものを作る人ってこだわりがスゴイし、
徹夜も苦にしなかったりとにかくエネルギッシュですよね。
そのぶん人一倍ゆるい部分もあったりしますが(笑)
ぼくも色んな人と仕事をして、刺激を受けてばっかりです。
もっと勉強しなきゃなぁと思ったり。


アンリオ夫人、9月からは京都に巡回ですね。
ほかの作品も素晴らしいのばかりでしたので、
時間があればぜひぜひ。
それではまた~^^
2011.07.01 00:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suesue201.blog64.fc2.com/tb.php/344-d74c1d95
該当の記事は見つかりませんでした。